平成22年度(2010年度)第1学期 面接授業

面接授業トップ > 面接授業のご案内 全国の授業概要 > 東京文京学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「2200000」、クラスコードは「N」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

基礎科目:外国語|基礎からの英文法d

科目区分
2010年05月16日(日) 第1時限


10:00〜11:25
基礎科目:外国語 2010年05月16日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年05月16日(日) 第3時限 14:10〜15:35
2276135 2010年05月23日(日) 第1時限 10:00〜11:25
開設学習センター 2010年05月23日(日) 第2時限 11:40〜13:05
東京文京学習センター 2010年05月23日(日) 第3時限 14:10〜15:35
科目名 2010年05月30日(日) 第1時限 10:00〜11:25
基礎からの英文法d 2010年05月30日(日) 第2時限 11:40〜13:05
担当講師 授業概要
関川 洋子
(立教大学兼任講師)

【シラバス】
この授業では、英語の基礎を確実に理解し習得することを目的に、基本的な文法事項を口頭練習と作文練習を通して学習する。テキストにある練習問題のほか、プリントを使って応用問題を解き、実力を養っていく。

【授業テーマ】

  • Lessons 1-2 形容詞・副詞・名詞・代名詞・冠詞
  • Lessons 3-4 動詞・受動態
  • Lessons 5-6 進行形・完了形
  • Lessons 7-8 未来形・助動詞
  • Lessons 9-10 接続詞・前置詞
  • Lessons 11-12 不定詞・分詞・動名詞
  • Lessons 13-14 比較
  • Lessons 15 仮定法

【学生へのメッセージ】
できるだけ多くの練習問題をやってみましょう。分からないことがあったら積極的に質問してください。

【受講者が当日用意するもの】
英語辞書(電子辞書でもよい)

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N ・基礎からの英文法('09)(大橋理枝・大石和欣/放送大学教育振興会/¥3,150/ISBN=978-4-595-30946-5)
定員 参考書
40名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「共通科目:外国語」に該当します。
 

共通科目:人文系|塔とマンダラ−インドから日本へ

科目区分
2010年04月17日(土) 第3時限


14:10〜15:35
共通科目:人文系 2010年04月24日(土) 第3時限 14:10〜15:35
科目コード 2010年05月01日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276143 2010年05月08日(土) 第3時限 14:10〜15:35
開設学習センター 2010年05月15日(土) 第3時限 14:10〜15:35
東京文京学習センター 2010年05月22日(土) 第3時限 14:10〜15:35
科目名 2010年05月29日(土) 第3時限 14:10〜15:35
塔とマンダラ−インドから日本へ 2010年06月05日(土) 第3時限 14:10〜15:35
担当講師 授業概要
武澤 秀一
(建築家)

【シラバス】
 仏教建築はインドの塔からはじまった。塔を内部にもつ石窟寺院は、絵のマンダラに先立って3次元のマンダラを体現していた。建築のかたちはインドの宇宙観(コスモロジー)を伝えていたのである。
 だがインド―中国―韓国―日本と仏教が伝播する過程において、かたちは変容した。

まずは、以上のことをスライドを通して体感してもらいたい。そしてそれが何を意味しているのかを考えたい。
 ひとくちにアジアといっても多様である。とくに大陸と列島の文化的特性を建築をとおして比較したい。新たな気づきを期待して――。

【授業テーマ】

  • 第1回〜第2回(インドの塔と石窟寺院:サーンチー、アジャンターほか)
  • 第3回〜第4回(中国の塔と石窟寺院:雲岡、龍門)
  • 第5回(中国と韓国の木塔/マンダラ:3次元から2次元へ)
  • 第6回(中間総括と質疑・ディスカッション)
  • 第7回(日本その1/柱信仰と伝統仏教の塔:法隆寺、薬師寺など)
  • 第8回(日本その2/密教の塔:東寺、高野山、根来寺)

【学生へのメッセージ】
予備知識はとくに必要ありませんが、授業と同時進行のかたちで教科書・参考書を読みこむことを期待します。授業の感想レポート(授業を受けて感じたこと、考えたことなど)を提出してもらい、活発な議論に資したい。

【受講者が当日用意するもの】
ノート、筆記用具のほかは特になし

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N ・空海 塔のコスモロジー(武澤 秀一/春秋社/¥2,310/ISBN=978-4393135457)

・マンダラの謎を解く(講談社現代新書)(武澤 秀一/講談社/¥777/ISBN=978-4062879941)
定員 参考書
42名 ・法隆寺の謎を解く(ちくま新書)(武澤 秀一/筑摩書房/¥861/ISBN=978-4480062604)
その他(特記事項)
 

共通科目:人文系|初期アメリカの住居と生活

科目区分
2010年04月17日(土) 第1時限


10:00〜11:25
共通科目:人文系 2010年04月17日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年04月17日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276151 2010年04月17日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年04月18日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年04月18日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年04月18日(日) 第3時限 14:10〜15:35
初期アメリカの住居と生活 2010年04月18日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
香山 壽夫
(放送大学客員教授)

【シラバス】
 新大陸アメリカに渡って、荒野を切り拓き、自ら家を建て、都市を築いた人々は、どのような理想を抱き、そしてどのような生活をしていたのでしょうか。その人々の建てた住居や村は、今日でもアメリカの各地に残っていて、その独自の美しさで私達の心をとらえます。その素朴で力強い建築の美しさは、何から生まれているのか、それが今日の私達に語りかけてくるものは何なのか、沢山の実例をスライドで見ながら考えてみましょう。

【授業テーマ】

  • 第1回 アメリカ開拓の歴史−概説
  • 第2回 ニューイングランドの住居と村
  • 第3回 フィラデルフィアの都市と住居
  • 第4回 南部の荘園住宅
  • 第5回 西部開拓者の住居と町
  • 第6回 南西部の砂漠の町と伝道教会
  • 第7回 カリフォルニアの海辺の住居と港
  • 第8回 アメリカ先住民の住居と集落

【学生へのメッセージ】
建築と都市の面白さ、そしてそれを通して理解する生活や歴史の
大切さを学んでいただきたい。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名
その他(特記事項)
 

共通科目:人文系|技術世界と哲学 

科目区分
2010年04月20日(火) 第4時限


15:50〜17:15
共通科目:人文系 2010年04月27日(火) 第4時限 15:50〜17:15
科目コード 2010年05月11日(火) 第4時限 15:50〜17:15
2276160 2010年05月18日(火) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年05月25日(火) 第4時限 15:50〜17:15
東京文京学習センター 2010年06月01日(火) 第4時限 15:50〜17:15
科目名 2010年06月08日(火) 第4時限 15:50〜17:15
技術世界と哲学  2010年06月15日(火) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
河上 正秀
(放送大学客員教授)

【シラバス】
 われわれが日常的に生きている世界、特に技術に関与する世界を通して、そこに開ける人間と世界との関係を哲学的に考えてみる。道具なしには生きてこなかった人類の経験の歴史をあらためて考えることによって、われわれの身体的知覚による文化・文明の歩みのあり様、さらには哲学(形而上学)的な歩みのあり様について学ぶ。また哲学(思想)史における顕著な技術論を通して、現代の人間の存在のあり方を考えたい。

【授業テーマ】

  • 第1回 はじめに:現代と人間存在のあり様
  • 第2〜3回  人間の世界知覚の諸相:世界経験の歴史的変容
  • 第4〜5回  哲学史と技術の関係
  • 第6〜7回  ハイデガーの哲学と「技術論」
  • 第8回  現代の人間の実存と技術世界

【学生へのメッセージ】
講義に際して必要な参考資料その他については開講時に説明します。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、試験の評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名
その他(特記事項)
 

共通科目:人文系|言葉の楽しみ、創作の喜び

科目区分
2010年05月06日(木) 第3時限


14:10〜15:35
共通科目:人文系 2010年05月06日(木) 第4時限 15:50〜17:15
科目コード 2010年05月13日(木) 第3時限 14:10〜15:35
2276178 2010年05月13日(木) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年05月20日(木) 第3時限 14:10〜15:35
東京文京学習センター 2010年05月20日(木) 第4時限 15:50〜17:15
科目名 2010年05月27日(木) 第3時限 14:10〜15:35
言葉の楽しみ、創作の喜び 2010年05月27日(木) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
石津 ちひろ
(白百合女子大学非常勤講師/詩人・絵本作家)

【シラバス】
私たちが毎日なにげなく使っている日本語という言語は、じつに奥深く、そしてさまざまな可能性に満ちあふれています。回文・アナグラム・折句といった言葉遊びに挑戦してみたり、心に響く詩を書いてみたり、あるいは作詞を試みたり・・・日本語を最大限に活用しながら、創作の喜びを味わってほしいと思います。

【授業テーマ】

  • 第1回 言葉遊び全般
  • 第2回 言葉遊びと自己紹介
  • 第3回 詩、作詞について
  • 第4回 詩、作詞で自己表現
  • 第5回、第6回 テーマに沿ってエッセイを書く
  • 第7回、第8回 自分に合った表現手段とは?

【学生へのメッセージ】
書く喜びを知ることで、自己を再発見してほしいと思います。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、授業での作品も考慮に入れます。
クラス 教科書
N ・あしたのあたしはあたらしいあたし(石津 ちひろ/理論社/¥1,260/ISBN=978-4-652-07721-4)
定員 参考書
20名 ・ことばあそびえほん(石津 ちひろ/のら書店/¥1,050/ISBN=978-4-931129-69-6)

・ラヴソング(石津 ちひろ/理論社/¥1,365/ISBN=978-4-652-07903-4)
その他(特記事項)
 

共通科目:人文系|音楽で知る見知らぬアメリカ

科目区分
2010年05月07日(金) 第2時限


11:40〜13:05
共通科目:人文系 2010年05月14日(金) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年05月21日(金) 第2時限 11:40〜13:05
2276186 2010年05月28日(金) 第2時限 11:40〜13:05
開設学習センター 2010年06月04日(金) 第2時限 11:40〜13:05
東京文京学習センター 2010年06月11日(金) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年06月18日(金) 第2時限 11:40〜13:05
音楽で知る見知らぬアメリカ 2010年06月25日(金) 第2時限 11:40〜13:05
担当講師 授業概要
東 理夫
(作家・翻訳家)

【シラバス】
これまで、一般にアメリカというと、テレビや新聞や雑誌から得る情報のもとで、居丈高で自分勝手な国との印象をもたれているのではないでしょうか。本授業では、そのような先入観をひとまず横におきて、見知らぬ、伺い知れないアメリカを、彼らが作り、唄いつづけ、今もなお愛唱しているさまざまな曲を通して知ろうという授業です。例えば、その1回目には「黒人霊歌」をとりあげます。「ニグロ・スピリチュアル」は神への敬慕、感謝をあらわす賛美歌というばかりでなく、別の目的のために作られ唄われたものだということを実際に曲を聴き、その歌詞を読み、映像を見ながら、それが「黒人奴隷」たちの自由を希求した歌であることを学んでいきたいと思います。

【授業テーマ】

  • 第一回 アメリカの音楽とは 「白人系音楽」と「黒人系音楽」
  • 第二回 なぜアメリカ南部は「黒人奴隷」を必要としたか
  • 第三回 「黒人」にとってのキリスト教とは何か
  • 第四回 「ニグロ・スピリチュアル」の誕生
  • 第五回 「黒人奴隷」たちへ自由を、という運動
  • 第六回 奴隷制度と闘う人びと
  • 第七回 奴隷州から自由州をめざして
  • 第八回 「ニグロ・スピリチュアル」の真実

成績評価の方法
出席状況と授業中でのコミュニケーションによる
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名
その他(特記事項)
参考書は2010年1月「作品社」より出版予定(著者 東 理夫) 書名「アメリカは歌う。」、予価2400円。

共通科目:人文系|WebおよびPerl−CGI

科目区分
2010年05月22日(土) 第1時限


10:00〜11:25
共通科目:人文系 2010年05月22日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年05月22日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276194 2010年05月22日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年05月23日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年05月23日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年05月23日(日) 第3時限 14:10〜15:35
WebおよびPerl−CGI 2010年05月23日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
岡部 洋一
(放送大学副学長)

【シラバス】
Web のページは、タグ付き清書プログラムを基礎として、それに他のページへのリンク機能を備えたものである。タグの基本を理解するとともに、実際に Web ページを作成してみる。
 こうして作られた Web ページは表示内容の変わらない静的なものであるが、CGI と呼ばれるプログラミングを行うことにより、状態によって表示内容を変化させる動的なページを作成することができる。Perl と呼ばれる文字列処理に強いプログラム言語を学習しつつ、CGI を作成する。

【授業テーマ】

  • 第1回 テキストエディタとワープロの仕組みと分類
  • 第2回 タグ制御による清書プログラムとHTMLの習得
  • 第3回 Perl の初歩
  • 第4回 Perl による文字列処理
  • 第5回 Perl の文法の概要
  • 第6回 CGI の概要
  • 第7回 パラメータにより表示を変える CGI の作成
  • 第8回 より高次な CGI プログラミング

【学生へのメッセージ】
Web作成に関心があり、その仕組みに関心があることと、さらに、プログラミングを勉強したい人向け

【受講者が当日用意するもの】
もし持っているならばUSBメモリーを持参のこと(なくても問題ない)

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
18名
その他(特記事項)
【履修制限】面接授業「文字列と数のパソコン処理」の単位を修得済みの方は登録できません。

共通科目:人文系|ランドスケープ設計論

科目区分
2010年06月04日(金) 第3時限


14:10〜15:35
共通科目:人文系 2010年06月04日(金) 第4時限 15:50〜17:15
科目コード 2010年06月18日(金) 第3時限 14:10〜15:35
2276208 2010年06月18日(金) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年06月25日(金) 第3時限 14:10〜15:35
東京文京学習センター 2010年06月25日(金) 第4時限 15:50〜17:15
科目名 2010年07月02日(金) 第3時限 14:10〜15:35
ランドスケープ設計論 2010年07月02日(金) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
三谷 徹
(千葉大学教授)

【シラバス】
ランドスケープアーキテクチュアは、都市、田園、自然などすべてのオープンスペースを対象とし、その環境形成をめざす領域です。当講義では、そのデザインの歴史、デザインの思想に関していくつかの側面から講義します。
1)モダニズムの思潮の中から生まれた、近代を特徴づけるランドスケープの名作を紹介しつつ、その空間構成法の特徴を考えていきます。
2)歴史上の庭園文化にも光を当て、その空間構成法の特徴、デザインの特徴からいくつかの庭園を分析していきます。日本庭園に関しても、その空間性からいくつかの庭園を考えてみます。
3)現代のランドスケープ作品をとりあげ紹介するとともに、その設計プロセスをみていきます。
およそ以上の内容から、都市や田園を形成しているオープンスペースに対する評価の視点、庭園を文学的意味からだけでなく空間造形として鑑賞する視点などが得られることを目的とします。
講義の合間に、自ら手を動かすランドスケープデザインの小演習も行ってみたいと思います。

【授業テーマ】

  • 第1、2回 イントロダクション/近代ランドスケープの思想
  • 第3、4回 近代のランドスケープ作品とその背景
  • 第5、6回 庭園様式と空間構成
  • 第7、8回 現代作品と環境アート

【学生へのメッセージ】
ランドスケープや庭園のデザイン、デザイン思想について講義します。特に近代ランドスケープが挑戦した問題とそのデザイン的解決について説き、また近代ランドスケープの空間構成を簡単に演習します。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名 ・モダンランドスケープアーキテクチュア(マーク・トライブ、三谷徹/鹿島出版会/¥3,990/ISBN=978-4306072572)
その他(特記事項)
 

共通科目:人文系|墓と位牌の考現学

科目区分
2010年06月19日(土) 第1時限


10:00〜11:25
共通科目:人文系 2010年06月19日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年06月19日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276216 2010年06月19日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年06月26日(土) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年06月26日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年06月26日(土) 第3時限 14:10〜15:35
墓と位牌の考現学 2010年06月26日(土) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
菊地 章太
(東洋大学教授)
井上 治代
(東洋大学准教授)

【シラバス】
 家族のあり方が多様化するなかで、墓と位牌に対する私たちの意識やその形態もさまざまに変化しつつある。この講義では、まず人文学的な視点から、墓と位牌の成り立ちを探って今日にいたる経緯をたどり、ついで社会学的な視点から、墓と位牌をめぐる現状を分析して今後のありようについて提言を試みる。

【授業テーマ】

  • 第1回 東アジアの祖霊観と葬墓制
  • 第2回 祖廟の変遷と位牌の成立
  • 第3回 日本社会における墓の変容
  • 第4回 先祖祭祀の民俗的伝統
  • 第5回 現代社会における葬墓問題の所在
  • 第6回 現代社会に登場した葬墓制
  • 第7回 家庭内死者祭祀の現代的変化 
  • 第8回 先進諸国の墓の変化

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N 教科書は使用しない
定員 参考書
42名
その他(特記事項)
菊地 章太(1〜4コマ担当)、井上 治代(5〜8コマ担当)

共通科目:人文系|ピアノで辿る音楽史

科目区分
2010年06月27日(日) 第3時限


14:10〜15:35
共通科目:人文系 2010年06月27日(日) 第4時限 15:50〜17:15
科目コード 2010年07月04日(日) 第3時限 14:10〜15:35
2276224 2010年07月04日(日) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年07月11日(日) 第3時限 14:10〜15:35
東京文京学習センター 2010年07月11日(日) 第4時限 15:50〜17:15
科目名 2010年07月18日(日) 第3時限 14:10〜15:35
ピアノで辿る音楽史 2010年07月18日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
大竹 紀子
(相模女子大学准教授)

【シラバス】
 音楽の歴史は時代の潮流と深く関わりながら発展してきました。そして、私たちに非常に身近な楽器、ピアノのために書かれた作品は時代との関わりを顕著に表しています。時代と共に、楽器そのもの、演奏スタイル、演奏会の形も発達してきたのです。この授業では、音楽史を大きく、バロック、古典、ロマン、近現代の4つの時代に分け、代表的なピアノ作品を視聴しながら、それぞれの時代の特徴について論じていきます。

【授業テーマ】

  • シンプル音楽史-音楽史の概要
  • バロック期の鍵盤作品-バッハ、スカルラッティ、フランス・クラヴサン音楽
  • 古典期のピアノ音楽-ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン
  • 19世紀ロマン派-花開くピアニズム
  • 後期ロマン派-国民主義とロシア
  • 近代のピアノ音楽-印象派と新ウィーン楽派
  • 20世紀のピアノ音楽-モダニズム、ジャズ
  • 20世紀のピアノ音楽-前衛そして日本

【学生へのメッセージ】
 様々なピアノ作品を視聴しますが、ただ楽しんで聴くのではなく、音楽が社会の潮流の一部として何を語っているか、感じ取り、考えるようにしてください。内容は決して難しくありません。第1回目の「シンプル音楽史」の授業でポイントを把握するようにしましょう。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名 ・ピアノのための絵でよむ音楽史(中村菊子/ヤマハミュージックメディア/¥2,940/ISBN=978-4636818505)
その他(特記事項)
 

共通科目:人文系|現代のストレスと心の健康

科目区分
2010年08月05日(木) 第1時限


10:00〜11:25
共通科目:人文系 2010年08月05日(木) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年08月05日(木) 第3時限 14:10〜15:35
2276232 2010年08月05日(木) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年08月06日(金) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年08月06日(金) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年08月06日(金) 第3時限 14:10〜15:35
現代のストレスと心の健康 2010年08月06日(金) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
白石 弘巳
(東洋大学ライフデザイン学部教授)

【シラバス】
ストレスがあふれる現代社会で暮らしている私たちが、自分らしく生きることは、時として困難となる。そうした状況でストレスに負けずに生活するためには、生活のさまざまな場面で生じる可能性のあるストレスフルな出来事とその結果生じる健康障害について一定の知識を得、それに対処するための技術を身につけておく必要がある。本講では、この基本テーマに沿って、事例を挙げつつ、できるだけ分かり易くお話ししたい。

【授業テーマ】

  • 第1回 こころの健康とストレス
  • 第2回 主な精神疾患:うつ病を中心に
  • 第3回 生活習慣とこころの健康
  • 第4回 結婚、子育てとこころの健康
  • 第5回 高齢者とこころの健康
  • 第6回 病気、障害、死と回復
  • 第7回 労働とこころの健康
  • 第8回 災害、事故とこころの健康

【学生へのメッセージ】
精神保健の知識を学ぶとともに、現代を前向きに生きていくということについて考える機会になればと思っています。

【受講者が当日用意するもの】
筆記具以外、特になし。

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名
その他(特記事項)
 

共通科目:社会系|ディズニーランドの経済学

科目区分
2010年05月15日(土) 第1時限


10:00〜11:25
共通科目:社会系 2010年05月15日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年05月15日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276240 2010年05月15日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年05月22日(土) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年05月22日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年05月22日(土) 第3時限 14:10〜15:35
ディズニーランドの経済学 2010年05月22日(土) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
山澤 成康
(跡見学園女子大学マネジメント学部教授)

【シラバス】
 この授業は、ディズニーランドという素材を使って、経済学を理解するのが目的です。日本経済には失われた10年という停滞した時代がありました。その時ですら、ディズニーランドは着実に入場者数を増やしました。その人気の秘密を、設備、労働、財務面などから探っていきます。さらに、ディズニーランドのキャラクターの人気の秘密や、世界のディズニーランド、ほかのテーマパークとの比較などを通じて、経済や社会への理解を深めていくようにします。

【授業テーマ】

  • ディズニーランドの歩み(日本経済の歩み)
  • なぜ人気があるのか(設備投資)
  • 人事管理の秘密(労働)
  • オリエンタルランドの株を買う(株式)
  • どうやって儲けているのか(財務諸表)
  • ディズニーキャラクター(知的所有権)
  • プリンセスの横顔(ジェンダー)
  • ディズニーワールドに行ってみる(国際経済)

【学生へのメッセージ】
経済学としては初歩的な内容です。ディズニーやディズニーランドに興味がないと面白くないと思います。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名
その他(特記事項)
 

共通科目:社会系|私たちの社会と企業・技術者倫理

科目区分
2010年05月23日(日) 第1時限


10:00〜11:25
共通科目:社会系 2010年05月23日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年05月23日(日) 第3時限 14:10〜15:35
2276259 2010年05月30日(日) 第1時限 10:00〜11:25
開設学習センター 2010年05月30日(日) 第2時限 11:40〜13:05
東京文京学習センター 2010年05月30日(日) 第3時限 14:10〜15:35
科目名 2010年06月06日(日) 第1時限 10:00〜11:25
私たちの社会と企業・技術者倫理 2010年06月06日(日) 第2時限 11:40〜13:05
担当講師 授業概要
大来 雄二
(金沢工業大学客員教授)

【シラバス】
近年、多くの大学の理工系学科で技術者倫理関連科目が卒業の必須要件となっており、これは世界的傾向でもある。その背景には技術が関わる社会問題の多発や高等教育の外部認定での必要性がある。また新しい傾向として技術がもたらす社会貢献に、技術者がより積極的に取り組むべきとの認識もある。当然の帰結として、企業における取り組みも強化されており、技術者倫理の確立は企業存続の必要条件との見方も広まりつつある。現代社会が高度な科学技術への依存度を高める中で、一般人に科学技術リテラシー(対応能力)の向上が求められることはもちろんのこと、技術を生業(なりわい)とする企業経営者、技術者、さらには政策決定者、ジャーナリストなどが科学技術に「倫理的に」関与していく重要性が飛躍的に高まっている。本授業においては、企業人として技術に関わってきた経験と大学での技術者倫理教育の経験を併せ持つ講師が要点を整理して解説し、事例討論を通して課題を掘り下げる授業を行う。受講者には技術的倫理問題への感度と責任感を高め、解決力を身につけていただきたいと思っている。

【授業テーマ】

  • 序論:生活の中の倫理、生活の中の技術
  • ことば、大学で学ぶとはどういう ことか
  • 研究者の倫理、研究者の作法、著作物と著作権
  • 技術者倫理事例討議
  • 討議事例のポイント学習、プロフェッショナル
  • 今なぜ企業倫理なのか
  • 各種法制度と倫理、企業人の行動規範
  • 企業倫理と技術者倫理事例、次に何を学ぶか

【学生へのメッセージ】
事例学習などを通して、技術者倫理・企業倫理に関わる問題への感度を向上させ、問題解決のための知識を獲得し、解決策を検討する学習をします。受講者には授業に主体的に参加することにより倫理的問題の解決能力を高めていただきたい。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N ・技術者倫理事例集(電気学会倫理委員会/電気学会倫理委員会/¥630/ISBN=000000000)
今年度中に出版予定。
定員 参考書
42名
その他(特記事項)
【履修制限】面接授業「企業倫理と技術者倫理」の単位を修得済みの方は登録できません。

共通科目:社会系|仕事とライフスタイル

科目区分
2010年08月07日(土) 第1時限


10:00〜11:25
共通科目:社会系 2010年08月07日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年08月07日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276267 2010年08月07日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年08月08日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年08月08日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年08月08日(日) 第3時限 14:10〜15:35
仕事とライフスタイル 2010年08月08日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
酒井 計史
(法政大学非常勤講師)

【シラバス】
仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)について、ライフコースの視点から、統計データを用いた社会学的な検討を行う。特に、わが国における女性の就業継続支援、両立支援に着目するが、男性の家事・育児参加(男性の育児休業取得も含む)や、日本型の働き方の見直し(長時間労働等)などについても扱い、従来の日本型の仕事とライフスタイルの関係の変革の可能性について考える。また、近年の非正規労働者の増加など仕事の世界の変化の影響も考慮する。

【授業テーマ】

  • (第1回  仕事と生活の調和[ワーク・ライフ・バランス]の考え方)
  • (第2回  ライフコースと職業キャリア)
  • (第3回 女性の結婚・出産と雇用継続)
  • (第4回 仕事と育児の両立の現状と課題)
  • (第5回 仕事と介護の両立の現状と課題)
  • (第6回 男性の家事・育児参加の現状と課題)
  • (第7回 職場環境と日本型の働き方)
  • (第8回 まとめ)

【学生へのメッセージ】
事前に「社会学」関連の科目を履修していることが望ましい。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名 ・仕事と生活:体系的両立支援の構築に向けて(労働政策研究・研修機構編/労働政策研究・研修機構/¥2,100/ISBN=978-4538460079)

・家族と職業:競合と調整(石原 邦夫編/ミネルヴァ書房/¥3,570/ISBN=4-623-03127-6)
その他(特記事項)
 

共通科目:自然系|クルマでわかる物理学

科目区分
2010年05月01日(土) 第1時限


10:00〜11:25
共通科目:自然系 2010年05月01日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年05月08日(土) 第1時限 10:00〜11:25
2276275 2010年05月08日(土) 第2時限 11:40〜13:05
開設学習センター 2010年05月22日(土) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年05月22日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年05月29日(土) 第1時限 10:00〜11:25
クルマでわかる物理学 2010年05月29日(土) 第2時限 11:40〜13:05
担当講師 授業概要
古川 修
(芝浦工業大学教授)

【シラバス】
 クルマの様々な現象で、そのなかに潜む基礎物理学を理解する。一般的な物理学講義は、まずその分野の理論体系とそれに関わる数式から入ることが多いが、それでは具体的な物理現象の説明にまで進んでいない状況であるために、受講者にとって高い抽象的な理解力を強要される。
 本講義では、まず力学、電磁気学、熱力学、流体力学、相対性理論などの幅広い物理原理について、クルマを走行させるなかで起こる分かりやすい現象例から解説し、その現象を支配している物理法則を次に解き明かす。この手順により、受講者にとって具体的なイメージを持ちながら、容易に物理法則が理解しやすくなる。
 また、本講義により、クルマの様々な構造と仕組みについても同時に理解できる。

【授業テーマ】

  • 第1回〜第2回 クルマの走る・曲がる・止まる 〜基礎力学
  • 第3回 クルマを支えるシャーシ 〜リンク系、ばね系、非圧縮性流体
  • 第4回〜第5回 エンジン 〜熱力学
  • 第6回〜第7回 クルマの電装系 〜電磁気学
  • 第8回 クルマの性能、センサー 〜応用力学、特殊相対性理論

【学生へのメッセージ】
物理法則の現実世界での働きを現象から理解していただきたい。(基礎レベル)

【受講者が当日用意するもの】
電卓、ノート、筆記用具

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N ・クルマでわかる物理学(古川 修/オーム社/¥2,100/ISBN=978-4-274-20410-4)
定員 参考書
42名
その他(特記事項)
 

共通科目:自然系|基本統計学−理論と分析実習−

科目区分
2010年05月08日(土) 第1時限


10:00〜11:25
共通科目:自然系 2010年05月08日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年05月08日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2274140 2010年05月08日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年05月09日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年05月09日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年05月09日(日) 第3時限 14:10〜15:35
基本統計学−理論と分析実習− 2010年05月09日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
渡辺 美智子
(東洋大学教授)

【シラバス】
高度情報化社会が謳われる中で、私たちの身の回りには統計情報があふれています。 本講義では、統計の考え方やデータの統計的活用の理論と方法を、具体的な事例を交えて解説します。また、実際に表計算ソフトウェアExcelを使った身近な統計データの分析実習を行い、 基本的な統計グラフや表・統計数字の具体的な意味と活用の仕方を学びます。 

【授業テーマ】

  • 第1回: 統計と社会との接点(統計とは?)
  • 第2回: 質的データの記述(パレート表とグラフ)
  • 第3回:量的データの記述(度数分布表とヒストグラム)
  • 第4回: ヒストグラムの読み方
  • 第5回: 基本統計量(平均と標準偏差)
  • 第6回: 基本統計量(四分位数と箱ひげ図)
  • 第7回: 散布図と相関係数
  • 第8回: まとめ

【学生へのメッセージ】
本講義は,統計学の基礎をしっかり理解して,データの分析を
実際に体験してみたいと思っている方に是非受講してもらいたいと思います。PCの操作が苦手な方も,TAがいますので心配せずに積極的に参加してください。

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N ・Excel徹底活用 統計データ分析(渡辺美智子,他/秀和システム/¥2,625/ISBN=978-4-7980-1932-1)
定員 参考書
18名
その他(特記事項)
 

共通科目:自然系|電気電子実験基礎A

科目区分
2010年08月07日(土) 第1時限


10:00〜11:25
共通科目:自然系 2010年08月07日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年08月07日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276283 2010年08月07日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年08月08日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年08月08日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年08月08日(日) 第3時限 14:10〜15:35
電気電子実験基礎A 2010年08月08日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
秋光 淳生
(放送大学准教授)

【シラバス】
身近な電気電子回路に関して、理論と実験ではどう違うのか? どうして、そういった違いがでてくるのか? ということを実際の体験を通じて、考察することを目指す。 まず、パソコン上で動作するソフトを使い、理論の確認を行う。次に、実際の装置を使って、実験を行う。最後に、簡単な回路を作成する。

【授業テーマ】

  • 第1回 パソコンの操作とシミュレーションの使い方
  • 第2回 キルヒホッフの法則
  • 第3回 交流の基本と RLC回路(理論とシミュレーション)
  • 第4〜5回 共振とフィルタ(理論シミュレーション)
  • 第6〜7回 共振実験
  • 第8回 レポートの作成

【学生へのメッセージ】
パソコンの操作ができることが受講の条件です。

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
18名
その他(特記事項)
 

共通科目:外国語|初めてのドイツ語:会話編

科目区分
2010年04月18日(日) 第1時限


10:00〜11:25
共通科目:外国語 2010年04月18日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年04月18日(日) 第3時限 14:10〜15:35
2276291 2010年04月18日(日) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年04月25日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年04月25日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年04月25日(日) 第3時限 14:10〜15:35
初めてのドイツ語:会話編 2010年04月25日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
山口 祐子
(慶應義塾大学非常勤講師)

【シラバス】
放送授業「ドイツ語入門1」の関連科目です。印刷教材では第4課程度までを目安にします。オリジナル教材やCDなどを用いてドイツ語の音声に親しみつつ、旅先での表現や、自己紹介についてのロールプレイを行います。また、ドイツ語圏で暮らす人々の生活や文化を紹介しつつ、初歩的な会話のコツを紹介します。

【授業テーマ】

  • 第1回 ガイダンス、ドイツ語のアルファベットと発音
  • 第2回 会話表現の基本(初対面同士の挨拶を中心に)
  • 第3回 自己紹介の表現(1)動詞の変化と語順
  • 第4回 自己紹介の表現(2)動詞の変化と語順
  • 第5回 シーン別会話練習(1)名詞の性と格
  • 第6回 シーン別会話練習(2)名詞の性と格
  • 第7回シーン別会話練習 (3)動詞と名詞、形容詞の結合
  • 第8回 全体のまとめ

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視しますが、試験の評点も加味して行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
40名
その他(特記事項)
 

共通科目:外国語|英会話能力の向上

科目区分
2010年04月18日(日) 第1時限


10:00〜11:25
共通科目:外国語 2010年04月18日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年04月18日(日) 第3時限 14:10〜15:35
2277590 2010年04月18日(日) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年04月25日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年04月25日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年04月25日(日) 第3時限 14:10〜15:35
英会話能力の向上 2010年04月25日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
石田 エリカ
(英語英会話教育者)

【シラバス】
This Beginning/ Intermediate ESL class is taught in a friendly and caring atmosphere, which encourages active participation from each student. The class is specifically designed and developed to help non-native speakers learn essential English conversation and communication skills. Many varied and appropriate teaching strategies, techniques, and materials are used to encourage students to participate, contribute, and learn to the best of their abilities at all levels. Students will engage in short conversations, report personal information, express opinions and respond appropriately on familiar topics. Basic elements of pronunciation, rhythm and intonation will be included in the class to develop expressive communication skills.

【授業テーマ】

  • (第1回)Making a Good Impression
  • (第2回)Communicating with Gesture
  • (第3回)Sentence Stress and Rhythm
  • (第4回)Opening and Closing a Conversation
  • (第5回)Giving Compliments and Making Empathetic Comments
  • (第6回)Small Talk Topics
  • (第7回)Conversation Starters
  • (第8回)Let's Start Talking

【学生へのメッセージ】
This is a mixed level class for beginning and intermediate adult students.
Attendance is very important because a significant portion of every class will be devoted to oral work. Active verbal participation in all class activities is required.

【受講者が当日用意するもの】
英和辞典

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
30名
その他(特記事項)
 

共通科目:外国語|韓国の伝来童話を読む

科目区分
2010年04月24日(土) 第1時限


10:00〜11:25
共通科目:外国語 2010年04月24日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年04月24日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276313 2010年04月24日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年04月25日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年04月25日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年04月25日(日) 第3時限 14:10〜15:35
韓国の伝来童話を読む 2010年04月25日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
李 文淑
(東京理科大学非常勤講師)

【シラバス】
本授業では、韓国の伝来童話や神話を韓国語で読みます。伝来童話にはその民族の生活、考え方が反映されています。そういう童話に見られる歴史的背景や生活を通してこれまでとは違う新しい韓国、新しい韓国語が発見できると思います。

【授業テーマ】

  • 韓国の建国神話
  • フンブとノルブ
  • うさぎ伝
  • 恩返しをするカササギ
  • バカオンダルとピョンカン姫
  • 親孝行シムチョン
  • 三年谷
  • 質疑応答

【学生へのメッセージ】
中級以上のレベルですので、最低限ハングルの読み書きができることが望ましい。また、基礎文法(助詞、過去形など用言の活用など)が理解できること。

【受講者が当日用意するもの】
辞書を準備してください。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
40名
その他(特記事項)
中級以上のレベルです。初級が終わった学生を対象にしています。

共通科目:外国語|英語の基本H

科目区分
2010年05月08日(土) 第1時限


10:00〜11:25
共通科目:外国語 2010年05月08日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年05月08日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276321 2010年05月08日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年05月09日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年05月09日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年05月09日(日) 第3時限 14:10〜15:35
英語の基本H 2010年05月09日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
山田 みな子
(放送大学非常勤講師)

【シラバス】
本講座は、印刷教材「英語の基本」に収録されているリスニングに基づいて英語の特徴を学ぶと共に、グループワークによる会話練習を通して実践力を身につけていただく参加型の授業である。また、補助の読解教材を使って、リスニングとリーディングに共通してみられる英語の特徴についても考えてみる。これらの教場での評価と出席状況によって総合的な評価を行なう。

【授業テーマ】

  • (第1回)イントロダクション
  • (第2回)レッスン4
  • (第3回)レッスン10
  • (第4回)レッスン14
  • (第5回)レッスン15
  • (第6回)読解
  • (第7回)パフォーマンステスト1
  • (第8回)パフォーマンステスト2

【学生へのメッセージ】
参加型の授業です。英語を皆で楽しんでください。

【受講者が当日用意するもの】
辞書

成績評価の方法
成績評価は、出席状況と練習したスキットのパフォーマンスを重視して行います。
クラス 教科書
N ・英語の基本(’08)(齋藤 兆史 大橋 理枝/財団法人 放送大学教育振興会/¥3,150/ISBN=978-4-595-30872-7)
放送大学教材
定員 参考書
25名
その他(特記事項)
 

共通科目:外国語|中国語講読(10A)

科目区分
2010年05月13日(木) 第1時限


10:00〜11:25
共通科目:外国語 2010年05月13日(木) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年05月20日(木) 第1時限 10:00〜11:25
2276330 2010年05月20日(木) 第2時限 11:40〜13:05
開設学習センター 2010年05月27日(木) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年05月27日(木) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年06月03日(木) 第1時限 10:00〜11:25
中国語講読(10A) 2010年06月03日(木) 第2時限 11:40〜13:05
担当講師 授業概要
梶村 真澄
(駒澤女子大学非常勤講師)

【シラバス】
 中国語入門機Ν兇燃悗鵑席庫,隆霑辰鯑Г泙┐董中国語の文章を勘に頼って読むのではなく、文章の構造を押さえて読む習慣を身につけることを目指します。
 教材は当日配布しますが、2コマの時間内で読み切れる文章で出来るだけ味わいの異なるもの、また音の付いているものを用意します。

【授業テーマ】

  • 辞書を気軽に引けるよう、漢字の発音を覚える

【学生へのメッセージ】
授業中はフリーズしないで、積極的に授業を楽しんでください。辞書をよく引いてください。

【受講者が当日用意するもの】
中日辞典

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
20名
その他(特記事項)
 

共通科目:外国語|「中国語入門1」補習

科目区分
2010年05月15日(土) 第1時限


10:00〜11:25
共通科目:外国語 2010年05月15日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年05月15日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2274221 2010年05月15日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年05月16日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年05月16日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年05月16日(日) 第3時限 14:10〜15:35
「中国語入門1」補習 2010年05月16日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
戸井 久
(埼玉大学非常勤講師)

【シラバス】
放送授業「中国語入門機廚隆慙科目。レベル3(1〜5の5段階で表示)。放送授業「中国語入門機徑修中の方に対応する授業です。
授業では、「中国語入門機廚涼罎ら重要な項目や理解しにくいと思われるポイントを重点的に取りあげ説明します。またスキットの会話練習や応用問題に取り組むことによって、「入門機廚鬚茲衫体的に理解することを目指します。

【授業テーマ】

  • 第1回:声調(四声)/単母音
  • 第2回:二重・三重母音
  • 第3回:子音
  • 第4回:鼻母音
  • 第5回:基本単語
  • 第6回:動詞述語文/当否疑問文
  • 第7回:正反疑問文/形容詞述語文
  • 第8回:疑問詞疑問文

【学生へのメッセージ】
印刷教材の第1課〜第5課までを重点的に取り上げる予定です。

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N ・中国語入門機福韮隠亜(木村英樹・宮本徹/放送大学教育振興会/¥0/ISBN=00000000000)
平成22年度放送授業テキスト
定員 参考書
40名
その他(特記事項)
 

共通科目:外国語|英語講読R

科目区分
2010年05月23日(日) 第3時限


14:10〜15:35
共通科目:外国語 2010年05月23日(日) 第4時限 15:50〜17:15
科目コード 2010年05月30日(日) 第3時限 14:10〜15:35
2276348 2010年05月30日(日) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年06月06日(日) 第3時限 14:10〜15:35
東京文京学習センター 2010年06月06日(日) 第4時限 15:50〜17:15
科目名 2010年06月13日(日) 第3時限 14:10〜15:35
英語講読R 2010年06月13日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
藤田 祐
(放送大学非常勤講師)

【シラバス】
放送大学教材『英語講読(’08)』を用いて英語を講読しながら、英語の読解に必要な知識を習得し英語の読解力を高めることを目指す。教科書Lesson 3からLesson 12をとりあげる予定だが、進度によっては残りの部分もとりあげる。授業では、文法、構文、語彙などの事項を確認しながら、教材の英語を正確に読解していく。また、授業期間内に課題を課して学習内容の確認を行う。

【授業テーマ】

  • 第1回〜第6回 THE STORY OF AOYAGIの講読
  • 第7回・第8回 第6回までの続き、もしくは、別の作品の読解

【学生へのメッセージ】
英語の学習には予習・復習が不可欠です。授業までに自分の力で英語を読解してくると、授業がさらに有益なものになります。初回の授業までにTHE STORY OF AOYAGIの初めの部分を予習してきてください。

【受講者が当日用意するもの】
授業当日には必ず英和辞典を持参してください。

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N ・英語講読('08)(成田篤彦、大橋理枝/放送大学教育振興会/¥3,150/ISBN=978-4595308710)
定員 参考書
40名
その他(特記事項)
 

共通科目:外国語|初めての韓国語:発音編

科目区分
2010年07月17日(土) 第1時限


10:00〜11:25
共通科目:外国語 2010年07月17日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年07月17日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2274264 2010年07月17日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年07月18日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年07月18日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年07月18日(日) 第3時限 14:10〜15:35
初めての韓国語:発音編 2010年07月18日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
魏 聖銓
(法政大学兼任講師/専修大学兼任講師)

【シラバス】
日本語と似ている韓国語学習の楽しさを知ってもらう。
韓国語の文字である「ハングル」の読み、書きができること。
例えば、自分の名前が書けて、自己紹介ができる、簡単な会話ができる。
韓国の文化、生活様式に触れる。
以上のようなことが放送大学の印刷教材の学習につながる授業を展開していく。

【授業テーマ】

  • ハングルの仕組み&「発音」、「音の変化」の全体説明
  • 母音の学習/簡単な会話 ,△い気鎚
  • 合成母音の学習  簡単な会話◆ー己紹介 編
  • 子音の学習  心蔽韻焚駭鱈 飛行機の中での会話
  • 子音の学習◆心蔽韻焚駭鱈ぁ‐茲衒 編
  • パッチムのルール /簡単な会話ァ’磴な 編
  • パッチムのルール /簡単な会話ァ’磴な 編
  • 総まとめ

【受講者が当日用意するもの】
蛍光ペンあるいは色鉛筆

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
30名
その他(特記事項)
 

共通科目:外国語|笑い話で学ぶスペイン語(2)

科目区分
2010年08月04日(水) 第2時限


11:40〜13:05
共通科目:外国語 2010年08月04日(水) 第3時限 14:10〜15:35
科目コード 2010年08月05日(木) 第2時限 11:40〜13:05
2276356 2010年08月05日(木) 第3時限 14:10〜15:35
開設学習センター 2010年08月06日(金) 第2時限 11:40〜13:05
東京文京学習センター 2010年08月06日(金) 第3時限 14:10〜15:35
科目名 2010年08月07日(土) 第2時限 11:40〜13:05
笑い話で学ぶスペイン語(2) 2010年08月07日(土) 第3時限 14:10〜15:35
担当講師 授業概要
松浦 芳枝
(東京大学教養学部非常勤講師)

【シラバス】
この授業は、「笑い話で学ぶスペイン語」の続編です。同授業の履修、未履修に関わらず、直接法を一通り学んでいる受講生を対象にしています。 スペイン及び中南米諸国の短い笑い話を題材にして、接続法現在形を中心にその基本的な用法を学びます。テキストは第七課から始めます。文法事項の他にも口語表現、スペイン語の地域差による表現の違いなどにも言及しながら、スペイン語の魅力を堪能していきたいと思います。授業内に数回小テストを行い、学習事項を確認して、最後に簡単なレポートを作成して頂きます。

【授業テーマ】

  • 自己紹介、従属文中での接続法(1)-意志作用の動詞-
  • 従属文中での接続法(1)続き
  • 従属文中での接続法(2)感情の動詞等
  • 従属文中での接続法(3)否定等、小テスト(1)
  • 復習及び従属文中での接続法(4)副詞節
  • 従属文中での接続法(4)続き、小テスト(2)
  • 復習及び従属文中での接続法(5)副詞節-2
  • 従属文中での接続法(5)続き及びレポート作成

【受講者が当日用意するもの】
西和辞典

成績評価の方法
出席及び小テストとレポート
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
40名 ・改訂スペイン語の入門(瓜谷 良平/白水社/¥2,415/ISBN=978-4-560-00677-1)
その他(特記事項)
 

共通科目:外国語|初めてのイタリア語:発音編

科目区分
2010年08月07日(土) 第1時限


10:00〜11:25
共通科目:外国語 2010年08月07日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年08月07日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276364 2010年08月07日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年08月08日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年08月08日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年08月08日(日) 第3時限 14:10〜15:35
初めてのイタリア語:発音編 2010年08月08日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
野里 紳一郎
(東京大学特任講師)

【シラバス】
この講義では、初めてイタリア語を学習する学生を対象に、発音の仕方、および基本的な文法のしくみについて概説する。
 映画等の素材を用いてイタリア文化の紹介を交えながら実際のイタリア語に触れ、名詞や形容詞、動詞に関する文法のしくみ、考え方を解説する。
 成績評価は出席状況のほか、試験の評点により行う。

【授業テーマ】

  • イタリア語とはどんな言語か?
  • 発音のポイントとアクセントについて
  • 名詞をめぐる文法について(1)
  • イタリア語の音を聴いてみよう(イタリア映画鑑賞/その1)
  • 名詞をめぐる文法について(2)
  • 動詞をめぐる文法について(1)
  • イタリア語の音を聴いてみよう(イタリア映画鑑賞/その2)
  • 今回の講義における文法のまとめと確認のためのテスト

【学生へのメッセージ】
イタリア語の知識は必要としないが、第一回目の面接授業日までに教科書 『イタリア語のしくみ』を読んでおくこと。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、試験の評点により行います。
クラス 教科書
N ・イタリア語のしくみ(野里紳一郎/白水社/¥1,470/ISBN=978-4-560-00389-3)
定員 参考書
30名
その他(特記事項)
 

共通科目:外国語|英詩とその曲付け(英語総合B)

科目区分
2010年08月07日(土) 第1時限


10:00〜11:25
共通科目:外国語 2010年08月07日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年08月07日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276372 2010年08月07日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年08月08日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年08月08日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年08月08日(日) 第3時限 14:10〜15:35
英詩とその曲付け(英語総合B) 2010年08月08日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
ティモシー ハリス
(上野学園大学准教授)

【シラバス】
In this course of lectures, we shall do close readings of a number of English ballads, songs and poems, and discuss other matters, such as prosody and interpretation. The poets whose work we shall look at will include Thomas Campion, William Blake and Thomas Hardy, and the composers will include John Dowland, Henry Purcell and Benjamin Britten. The lectures are open to anybody, but students will get more from them if they have read beforehand the introduction and section on English prosody (they are in both English and Japanese) in the textbook"Eigo Sougou B(’07)" (Subtitle:Poem into Song).

【授業テーマ】

  • 時限単位でほぼ以下の課題を順次扱います。 Some Mediaeval lyrics
  • John Dowland’s songs
  • Thomas Campion’s poems and songs
  • Henry Purcell: songs, odes, etc
  • Ballads and folk-songs
  • Ralph Vaughan Williams’s songs
  • Benjamin Britten’s songs
  • Some modernist and modern poems

【学生へのメッセージ】
本授業は、放送授業「英語総合B(’07)」の理解を深める目的をもっていますが、特に同授業を受講していなくても、教科書を別途購入することによって受講できます。レベルについては英文シラバスを理解できる中級レベル以上を対象としています。

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N ・英語総合B(’07)(草光俊雄 ティモシー・ハリス/放送大学教育振興会/¥3,990/ISBN=978-4-595-30760-7)
「英語総合B(’07)」の教科書。
定員 参考書
40名
その他(特記事項)
 

専門科目:生活と福祉|日本の住宅(その歴史と特質)

科目区分
2010年05月18日(火) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:生活と福祉 2010年05月18日(火) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年05月18日(火) 第3時限 14:10〜15:35
2276380 2010年05月18日(火) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年05月25日(火) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年05月25日(火) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年05月25日(火) 第3時限 14:10〜15:35
日本の住宅(その歴史と特質) 2010年05月25日(火) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
浅野 伸子
(放送大学非常勤講師)

【シラバス】
住宅を形作る要素は大きく分けて二つある。一つは風土的な条件、もう一つは社会的な条件である。それらを背景に、世界の各地で生まれた住宅は時代とともに多様な発展をみた。その中でも日本の住宅は、他の国に比べていくつかの点でかなり独特な形式がみられる。本講義では、日本の住宅が生まれて変化する過程を歴史的に追い、また近隣の中国や韓国の住宅との共通点や相違点をみて、日本住宅の特質とそうなるに至った要因を考える。

【授業テーマ】

  • (1) 本講義の概要及び先史・古代の日本住宅
  • (2) 中世の日本住宅
  • (3) 近世の日本住宅1
  • (4) 近世の日本住宅2
  • (5) 日本住宅の近代化
  • (6) 中国の伝統住宅
  • (7) 韓国の伝統住宅
  • (8) まとめ・日本住宅の特質

【学生へのメッセージ】
本講義は、特に建築的な知識は必要としない。日々暮らしている自分のすまいについて、その成り立ちや今後のあり方について考えるためのきっかけとしてほしい。

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
40名 ・図説 日本住宅の歴史(平井 聖/学芸出版社/¥2,310/ISBN=4-7615-2009-4)

・対訳 日本人のすまい(平井 聖/市ヶ谷出版社/¥2,310/ISBN=978-4870711914)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:生活と福祉」に該当します。
 

専門科目:生活と福祉|生活リスク論

科目区分
2010年05月22日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:生活と福祉 2010年05月22日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年05月22日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2273713 2010年05月22日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年05月23日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年05月23日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年05月23日(日) 第3時限 14:10〜15:35
生活リスク論 2010年05月23日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
奈良 由美子
(放送大学准教授)

【シラバス】
人間生活の営みは、それ自体リスクを伴うものでもある。この授業では、生活経営の安全・安心を阻害する生活リスクについてその概念をおさえたうえで、リスクの発生局面と管理局面における生活の関わりを考えていく。具体的には、現代の生活リスクの特徴を整理したうえで、生活者によるリスク管理の実際と課題を考察する。

【授業テーマ】

  • 第1回:  講義の目的と構成
  • 第2回:  生活経営とリスクマネジメント 
  • 第3回:  リスクの本質
  • 第4回:  リスクマネジメントの進め方   
  • 第5回:  リスク処理手段
  • 第6回:  生活の安全・安心とリスク評価   
  • 第7回:  リスクコミュニケーション
  • 第8回:  全体まとめ 

【学生へのメッセージ】
 地震や交通事故、病気やケガ、食品汚染、老後生活、インターネット犯罪・・・。わたしたちの生活を脅かすリスクは様々です。リスクは小さくあってほしい。しかし、その管理を専門家だけにまかせておくのでは、生活の安全と安心を実現することは難しいようです。生活者そして社会にとってのリスク管理の課題を一緒に考えましょう。

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
40名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:生活と福祉」に該当します。
 

専門科目:生活と福祉|からだの科学

科目区分
2010年05月22日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:生活と福祉 2010年05月22日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年05月23日(日) 第1時限 10:00〜11:25
2276399 2010年05月23日(日) 第2時限 11:40〜13:05
開設学習センター 2010年05月29日(土) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年05月29日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年05月30日(日) 第1時限 10:00〜11:25
からだの科学 2010年05月30日(日) 第2時限 11:40〜13:05
担当講師 授業概要
横澤 喜久子
(東京女子大学教授)

【シラバス】
当然のこととして見過ごし、意識化されないことが多いからだについて現代科学と伝統的中国養生法面からアプローチし、からだの原点を問い直したい。日常の生活習慣を見直し、基本的からだの成り立ちを学ぶとともに、生活に根づいた伝統的中国の身体観から成り立ちの基礎を理解し、実践につなげる方法を知る。からだの見方を広げ、からだと環境への理解を深める。

【授業テーマ】

  • (1)からだの見方、育て方 シラバス紹介、西洋的身体観と東洋的身体観
  • (2)身体の成り立ち、身体組成 (水分)
  • (3)身体の成り立ち、筋肉、脂肪
  • (4)身体組成  骨
  • (5)伝統的中国養生思想からみた自然・人間・身体観 
  • (6)伝統的中国養生法  気・経絡・ツボ    (その1)
  • (7)伝統的中国養生法  医食同源、中医学  (その2)
  • (8)伝統的中国養生法 気功、太極拳     (その3)

【学生へのメッセージ】
日常の生活習慣をを見直し、基本的健康づくり法への理論、実践方法を学ぶ。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名 ・からだの原点(横澤喜久子 他/市村出版/¥2,100/ISBN=4-9900743-9-4)

・健康なからだの基礎 −養生の実践−(横澤喜久子 他/市村出版/¥2,625/ISBN=4-902109-06-9)

・健康・運動科学の理論と実践(横澤喜久子 他/市村出版/¥2,520/ISBN=978-4-902109-13-9)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:生活と福祉」に該当します。
 

専門科目:生活と福祉|家族の社会学

科目区分
2010年06月05日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:生活と福祉 2010年06月05日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年06月05日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276402 2010年06月05日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年06月06日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年06月06日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年06月06日(日) 第3時限 14:10〜15:35
家族の社会学 2010年06月06日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
平尾 桂子
(上智大学大学院教授)

【シラバス】
 身近にあるものほど、その全体像は見えにくいものです。家族も例外ではありません。誰にとっても身近であり、であるが故に見えにくい。本講義では「家族とは何か」という問いを出発点に、私たちが「あたりまえ」と思っている人間関係のあり方や日常生活の取り決めを相対化してとらえる力を養います。この授業では「歴史」と「ライフコース」という二つの時間軸をベースに、歴史の中で家族がどのように変化したかを学ぶと同時に、配偶者選択、結婚・出産・老化などのイベントを通じて、私たちが経験する「家族」の個人的、社会的意味を再検討します。ビジュアル教材も利用しながら、講義とディスカッションを組み合わせたインタラクティブな授業を目指します。

【授業テーマ】

  • 第1回・第2回 家族史からみる家族
  • 第3回・第4回 歴史人口学からの接近
  • 第5回・第6回 ライフコースと家族:配偶者選択と結婚
  • 第7回・第8回 ライフコースと家族:ケアする家族

【受講者が当日用意するもの】
できれば、自分の家族の歴史を調べておいてください。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
30名 ・論点ハンドブック 家族社会学(野々山久也/世界思想社/¥2,625/ISBN=978-4-7907-1396-8)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:生活と福祉」に該当します。
 

専門科目:心理と教育|心理学実験3

科目区分
2010年04月17日(土) 第2時限


11:40〜13:05
専門科目:心理と教育 2010年04月17日(土) 第3時限 14:10〜15:35
科目コード 2010年04月17日(土) 第4時限 15:50〜17:15
2274370 2010年05月01日(土) 第2時限 11:40〜13:05
開設学習センター 2010年05月01日(土) 第3時限 14:10〜15:35
東京文京学習センター 2010年05月01日(土) 第4時限 15:50〜17:15
科目名 2010年05月15日(土) 第2時限 11:40〜13:05
心理学実験3 2010年05月15日(土) 第3時限 14:10〜15:35
担当講師 授業概要
木島 恒一
(北陸学院大学准教授)

【シラバス】
本講義では次の3つの実験を扱います。(1)鏡映描写、(2)SD法、(3)ストループ効果です。鏡映描写は知覚運動学習の代表的な実験の1つです。SD法は、多種多様な概念(例えば種々の職業)の持つ内包的・情緒的な意味(つまりイメージ)を測定し、概念間の相違を検討する手法です。ストループ効果は、色彩情報と文字情報が不一致であること(例えばミドリ色で「あか」と書いてある)の効果を扱う実験です。
 皆さんは上の3つの実験に実験者および被験者として参加し、実験ごとにレポートを作成・提出することが求められます。また、皆さんはこれらすべての実験に参加しなければなりませんので、8コマの授業全部に出席する必要があります。
 実験はパソコンを使って行う予定で、データ処理もパソコンで行いますが、履修に当たり、特にはパソコンの知識は必要としません。

【授業テーマ】

  • (第1回〜第2回) 鏡映描写の実験
  • (第3回) 鏡映描写の実験データの分析と実験レポートの書き方の解説
  • (第4回〜第5回) SD法の実験と解説
  • (第6回) SD法実験のデータ解析
  • (第7回〜第8回) ストループ効果の実験

【学生へのメッセージ】
心理学研究法における実験の意味を、実習を通して理解していただきたいと思います。実験ごとにレポートを作成するのは大変だと思いますが、この経験は卒業研究にも役立つことでしょう。

【受講者が当日用意するもの】
USBメモリ

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
18名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:発達と教育」に該当します。
実験結果の集計、データ解析にパソコンを利用しますので、データを記録するためのUSBメモリを持参してください。

専門科目:心理と教育|カウンセリングの実際

科目区分
2010年04月17日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:心理と教育 2010年04月17日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年04月17日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276410 2010年04月17日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年04月18日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年04月18日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年04月18日(日) 第3時限 14:10〜15:35
カウンセリングの実際 2010年04月18日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
滝口 俊子
(放送大学教授)

【シラバス】
誕生から死に至るまでのこころの問題に、臨床心理学はどのように関与しているか、心理臨床の実際を紹介します。

【授業テーマ】

  • 第1回〜第3回 乳幼児期・児童期の心理臨床
  • 第4回〜第6回 青春期・成人期の心理臨床
  • 第7回〜第8回 老年期・死にゆく心理臨床

【学生へのメッセージ】
生きるということを共に考え合う、積極的な参加を期待します。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N ・カウンセリングの実際(岩波現代文庫)(河合 隼雄/岩波書店/¥1,155/ISBN=978-4-00-600221-3)
定員 参考書
40名 ・大塚 信一(河合隼雄 心理療法家の誕生/トランスビュー/¥2,940/ISBN=978-4-901510-75-2)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:発達と教育」に該当します。
 

専門科目:心理と教育|心理学実験1

科目区分
2010年05月09日(日) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:心理と教育 2010年05月09日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年05月16日(日) 第1時限 10:00〜11:25
2274418 2010年05月16日(日) 第2時限 11:40〜13:05
開設学習センター 2010年05月23日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年05月23日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年05月30日(日) 第3時限 14:10〜15:35
心理学実験1 2010年05月30日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
小山 令子
(慶應義塾大学非常勤講師)

【シラバス】
心理学実験の中の代表的な実験を4つ(記憶、錯視、学習効果、概念学習)を取り上げます。授業では実際に実験をおこない、またレポート作成のためのデータ整理等を指導します。心理学の実験とはどういうものなのか。自分が持った問題点をどのように実験で設定すればよいのか。また得られたデータをどのようにまとめたらいいのか。レポートの書式はどのようなものなのかをこの授業では指導していきます。この授業を通して今後広く「心理学」のデータ収集、レポート作成に役立つ知識を身につけることを目指します。

【授業テーマ】

  • 第1回〜第2回 ミューラーリヤー錯視
  • 第3回〜第4回 部分学習・全体学習
  • 第5回〜第6回 目撃証言
  • 第7回〜第8回 概念学習

【学生へのメッセージ】
心理学実験というと難しそうですが、実際に実験を体験することによってその面白さ、奥の深さを知ってほしいと思います。

【受講者が当日用意するもの】
電卓

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
40名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:発達と教育」に該当します。
【履修制限】面接授業「心理学実験機廚涼碓未鮟て精僂澆諒は登録できません。

専門科目:心理と教育|心理学研究法

科目区分
2010年05月11日(火) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:心理と教育 2010年05月11日(火) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年05月18日(火) 第1時限 10:00〜11:25
2275856 2010年05月18日(火) 第2時限 11:40〜13:05
開設学習センター 2010年05月25日(火) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年05月25日(火) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年06月01日(火) 第1時限 10:00〜11:25
心理学研究法 2010年06月01日(火) 第2時限 11:40〜13:05
担当講師 授業概要
山川 恵子
(明治学院大学他非常勤講師)

【シラバス】
心理学は、「心」のみではなく観察可能な「行動」を研究対象とし、客観性を重んじる科学的な方法にのっとった形で研究が進められます。
本講義では、まず、「実証科学としての心理学」について説明した上で、その研究手法として、観察法、面接法、検査法、調査法、実験法について説明をします。特に調査法や実験法については、実習を取り入れて講義を行う予定です。さらに講義で踏まえた知識から、最後に自身の関心のあるテーマで研究計画書を作成します。

【授業テーマ】

  • 第1回、第2回 イントロダクション:科学としての心理学/質的研究、量的研究/観察法、面接法、検査法、調査法、実験法
  • 第3回、第4回 実験法:実験の論理と方法/心理学実験実習/心理統計の考え方
  • 第5回、第6回 調査法:質問紙調査の論理と方法/質問紙尺度の作成
  • 第7回、第8回 研究計画の立て方/研究計画の作成

【学生へのメッセージ】
心理学の初心者に向けての基礎的な講義となります。

【受講者が当日用意するもの】
実験実習を行う日(第3回、第4回の予定)には、USBメモリなど、データの保存できるメディアを持参してください。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
18名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:発達と教育」に該当します。
【履修制限】面接授業「心理学研究法」「心理学研究法機廖嵜翰学研究法供兵遜)」「心理学統計法」のいずれかの単位を修得済みの方は登録できません。

専門科目:心理と教育|臨床心理学実習B

科目区分
2010年06月05日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:心理と教育 2010年06月05日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年06月05日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276895 2010年06月05日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年06月06日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年06月06日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年06月06日(日) 第3時限 14:10〜15:35
臨床心理学実習B 2010年06月06日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
工藤 千尋
(東京都教育委員会/東京都公立学校スクールカウンセラー)

【シラバス】
心理臨床の現場においては、自己理解と他者理解を基にした適切なコミュニケーション力が求められています。本講座では、今、学校現場などで行われているさまざまな手法を体験して自分自身や人間関係への洞察を深めていただきながら、対人援助に必要なこととは何かを実践的に学んでいただきます。

【授業テーマ】

  • 心理チェック
  • グループワーク
  • 描画実習
  • 事例検討とロールプレイ
  • 体験のまとめと振り返り

【学生へのメッセージ】
臨床心理学は、学際領域の広い学問であると同時に実践の学です。日常生活における自身や他者の心理とともに、対人関係のあり方に関心が深い方の積極的参加を希みます。

【受講者が当日用意するもの】
黒・中細・油性サインペン,2B以上の鉛筆,消しゴム,12色以上のクレヨンまたはクレパス(色鉛筆は不可)。動きやすい服装・靴。

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
30名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:発達と教育」に該当します。
臨床心理学実習のA,Bは難易度の違いによるものではありません。講師の違いによって、臨床心理学の関わりの多様性を学ぶことになります。
同じ講師が担当した「臨床心理学実習C」とほぼ同一の内容であることを承知のうえ履修のこと。
【履修制限】面接授業「臨床心理学実習供廚涼碓未鮟て精僂澆諒は登録できません。

専門科目:心理と教育|大学教育と学生支援

科目区分
2010年06月19日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:心理と教育 2010年06月19日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年06月19日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276445 2010年06月19日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年06月20日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年06月20日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年06月20日(日) 第3時限 14:10〜15:35
大学教育と学生支援 2010年06月20日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
武内 清
(放送大学客員教授/上智大学名誉教授)
小林 雅之
(東京大学教授)
岩田 弘三
(武蔵野大学教授)
鈴木 美伸
(フェリス女学院大学非常勤講師)

【シラバス】
今、大学教育や学生支援は大きな転換期を迎えています。入試が多様化し、大学進学率が上昇する中で、多様な学生が入学し、学生の勉学、自立、キャリア選択が困難に直面しています。本講座は、大学教育と学生支援・キャリア支援について、学生のキャンパスライフの実態から迫ります。輪講と討論で、受講者の方々と大学教育・学生支援の在り方を考えます。大学教職員のFD、SD、高等教育研究、学生の自己啓発にも役立つ内容にしたいと思います。新しい視点や最新のデータをまじえ講義し、これからの大学のあり方、学生支援の在り方を議論します。

【授業テーマ】

  • 第1回〜第2回 大学教育と学生の実態に関する考察
  • 第3回〜第4回 社会的格差、経済的格差と大学進学、学生生活
  • 第5回〜第6回 キャンパスライフの社会史
  • 第7回〜第8回 学生支援、キャリア支援

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名 ・進学格差(小林 雅之/筑摩書房/¥714/ISBN=978-4480064615)

・大学とキャンパスライフ(武内 清/上智大学出版/¥1,800/ISBN=978-4324077306)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:発達と教育」に該当します。
第1回・第2回 武内、第3回・第4回 小林、第5回・第6回 岩田、第7回・第8回 鈴木

専門科目:心理と教育|心理学実験2

科目区分
2010年07月03日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:心理と教育 2010年07月03日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年07月03日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2274388 2010年07月03日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年07月10日(土) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年07月10日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年07月10日(土) 第3時限 14:10〜15:35
心理学実験2 2010年07月10日(土) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
大癲/隶
(神奈川大学非常勤講師)

【シラバス】
心理学の基礎的実験を4つ行います。学生の皆さんはそれらの実験に、実験者(及び/あるいは)参加者として参加し、さらにその結果をレポートにまとめます。行うのは、以下の4つの実験です。学生の皆さんはこれら全部の実験に参加しなければなりませんので、8コマの授業全部に出席する必要があります。また、4つの実験それぞれについてレポートを提出する必要があります。
実験1:大きさの錯視
実験2:印象形成
実験3:集団の認知
実験4:要求水準

【授業テーマ】

  • ガイダンス
  • 実験1:大きさの錯視
  • レポートの書き方
  • 実験2:印象形成
  • 実験3:集団の認知
  • 実験4:要求水準

【学生へのメッセージ】
実験の実施や、結果のまとめ等に、パソコンを使用しますので、基本的なパソコン操作は習得されていることを望みます。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
18名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:発達と教育」に該当します。
 

専門科目:心理と教育|「主体的な学び」を考える

科目区分
2010年07月03日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:心理と教育 2010年07月03日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年07月03日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276453 2010年07月03日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年07月04日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年07月04日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年07月04日(日) 第3時限 14:10〜15:35
「主体的な学び」を考える 2010年07月04日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
小原 孝久
(上智大学非常勤講師)

【シラバス】
高校現場での30年の経験から、「学び」や教育について考えていきます。
興味深い授業、生徒が生き生きする授業、そして生徒が自ら考える授業。
これらは、生徒たちの「主体的な学び」からこそ可能になると思います。
単なる実践報告ではなく、受講するみなさん自身の「自己への目」(人間を考える)・「社会への目」(社会を考える)も、合わせて刺激できればと考えています。大学での教科教育法の講義(本授業と同じ内容)では、「こんな授業を受けたかった」という声をたくさんいただいています。

【授業テーマ】

  • 導入(主体的な学び:楽しい授業、工夫のある授業、興味深い授業)
  • 5日制・ゆとり教育を考える 平閥瓩兵匆駝簑蠅鮃佑┐襦
  • 5日制・ゆとり教育を考える◆平閥瓩兵匆駝簑蠅鮃佑┐襦
  • 高校現場の話(生徒の声、授業の話、学校の話)
  • 「主体的な学び」(生徒が主体、社会へ目が向く授業、自ら考える授業)
  • 在日韓国・朝鮮人問題 米颪靴ぜ匆駝簑蠅鮃佑┐襦
  • 在日韓国・朝鮮人問題◆米颪靴ぜ匆駝簑蠅鮃佑┐襦
  • 「自己への目」・「社会への目」(人と人とが触れ合う授業)

【学生へのメッセージ】
教育関係者のみならず、広く一般の方にもお奨めします。学ぶとは何か、今求められている教育とは何か、みなさんで共に考えていきたいと思います。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:発達と教育」に該当します。
 

専門科目:心理と教育|臨床心理学実習A

科目区分
2010年07月17日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:心理と教育 2010年07月17日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年07月17日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2275163 2010年07月17日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年07月18日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年07月18日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年07月18日(日) 第3時限 14:10〜15:35
臨床心理学実習A 2010年07月18日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
山崖 俊子
(津田塾大学教授)

【シラバス】
臨床心理学はこころに悩みを抱えた人との個人的かかわりを通して援助をするという目的の中から生まれた学問であり、援助者の価値観、人間観が極めて大きな意味を持つ。
そこで、この授業では、援助者としての学生自身の「自己理解」に焦点をあて、いくつかの心理検査も実施する。
教科書は特に定めず、授業当日にプリントを配布する。

【授業テーマ】

  • オリエンテーション、学生の授業への希望を語ってもらう。
  • こころとは、意識とは、無意識とは
  • 「悩む」とは、「心地よく生きる」とは
  • ひとがひとを理解するとは
  • 「自己」を知る
  • 「自己受容」とは「障害受容」とは
  • カウンセリングの力

【学生へのメッセージ】
自らの「感じ」を感じられるようになるといいですね。
そしてそれを認めることができるといいですね。

【受講者が当日用意するもの】
画用紙(A4)2枚、黒極細サインペン(油性)、クレヨン(12色程度)

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
30名 ・ヒルベルという子がいた(ペーター・ヘルトリング/偕成社/¥735/ISBN=978-4-03-550930-1)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:発達と教育」に該当します。
臨床心理学実習のA、Bは難易度の違いによるものではありません。講師の違いによって、臨床心理学の関わりの多様性を学ぶことになります。
同じ講師が担当した「臨床心理学実習C」とほぼ同一の内容であることを承知のうえ履修のこと。
【履修制限】面接授業「臨床心理学実習機廚泙燭蓮嵶彎何翰学実習1」の単位を修得済みの方は登録できません。

専門科目:心理と教育|子ども・青年の特質と教育

科目区分
2010年07月17日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:心理と教育 2010年07月17日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年07月17日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276461 2010年07月17日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年07月18日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年07月18日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年07月18日(日) 第3時限 14:10〜15:35
子ども・青年の特質と教育 2010年07月18日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
武内 清
(放送大学客員教授/上智大学名誉教授)

【シラバス】
現代における子どもや青年の成長や社会化の特徴はどのようなものなのか。それに人や集団(家庭、地域社会、学校)はどのように関わっているのか。そこにどのような問題が生じているのか。社会学、心理学、教育学の知識及び、受講者の教育体験もまじえて考え、今の時代に求められている教育や支援について考察する。参加者同士の意見交換も取り入れてすすめる。

【授業テーマ】

  • 第1回〜第2回 現代の子ども・青年の特質と文化
  • 第3回〜第4回 現代の学校や教師の特質
  • 第5回〜第6回 現代の教育のさまざまな特質と改革
  • 第7回〜第8回 子ども・青年・教育に関するディスカッション

【学生へのメッセージ】
講師の専攻は、教育社会学ですが、子どもや教育に関して広い視野から考察したいと思います。さまざまな立場の人の参加を得て、自由な討論も出来ればと思います。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名 ・大学とキャンパスライフ(武内 清・編著/上智大学出版/¥1,800/ISBN=978-4324077306)

・子どもと学校(武内 清・編著/学文社/¥0/ISBN=00000000)
発売予定

・子どもの「問題」行動(武内 清・編著/学文社/¥0/ISBN=000000000)
発売予定
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:発達と教育」に該当します。
 

専門科目:心理と教育|道徳性心理学と犯罪心理学

科目区分
2010年08月07日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:心理と教育 2010年08月07日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年08月07日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276470 2010年08月07日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年08月08日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年08月08日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年08月08日(日) 第3時限 14:10〜15:35
道徳性心理学と犯罪心理学 2010年08月08日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
阿部 洋子
(跡見学園女子大学准教授)

【シラバス】
道徳的に悪いことと、犯罪は同じことではありません。
けれども、非行や犯罪は、その社会や文化において大切にされている
道徳や社会的慣習が抑止力となっていることにお気づきでしょう。
そこで、道徳性と非行や犯罪について、精神分析学、社会心理学、
発達心理学などの側面からなされいる研究を紹介し、非行や犯罪が
なぜ起こるのか、起こらないのか。また、非行や犯罪、道徳性の発達
において、男女差があるのかどうかなどについて検討していきたいと
考えています。

【授業テーマ】

  • (第1回)道徳的に悪いことと、犯罪は同じことか?
  • (第2回)悪いことが正当化されるのは何故か?
  • (第3回)犯罪心理学と被害者学
  • (第4回)犯罪者にならないのは何故か? 残虐になるのは何故か?
  • (第5回)超自我と良心
  • (第6回)自己調整機能の不活性化
  • (第7回)故意と過失の発達
  • (第8回)非行の種類と道徳性の発達に男女差はあるのか?

【学生へのメッセージ】
心理学だけでなく、広い視野から犯罪、非行、道徳、ルールとは何か
などについて考えながら受講して頂きたいと思います。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、試験の評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
40名 ・道徳性心理学(日本道徳性心理学研究会編著/北大路書房/¥4,077/ISBN=9784762801716)

・少年非行の世界(清永 賢二 編/有斐閣/¥1,680/ISBN=978-4641280250)

・家裁調査官レポート(桑原知子・辻村徳治編著/日本評論社/¥1,785/ISBN=978-4535561588)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:発達と教育」に該当します。
 

専門科目:社会と産業|地域情報化−現代場所論−

科目区分
2010年04月17日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:社会と産業 2010年04月17日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年04月17日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276488 2010年04月17日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年04月18日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年04月18日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年04月18日(日) 第3時限 14:10〜15:35
地域情報化−現代場所論− 2010年04月18日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
丸田 一
(評論家)

【シラバス】
 地域(現実空間)が衰退する一方、ウェブ空間と呼ばれる新しい場所が登場し、我々のコミュニケーションや企業活動にならないものとなっている。このように情報化の進展によって、私たちの活動場所の再編が足下で進んでいる。
 本講義では、場所の観点から、インターネットの可能性と不確実性を整理するとともに、再編後の地域(現実空間)のあり方について考察する。私たちは、現実空間とウェブ空間をどのように使い分けていくのだろうか。また、後半に演習を実施する。受講者自身の「居場所」を取り上げ、その役割や意味を探っていく。

【授業テーマ】

  • 情報化とは何か
  • 場所と地域
  • 現代社会の場所論的言説
  • ウェブ空間の特徴
  • 地域(現実空間)の行方
  • 演習(居場所を考える 1)
  • 演習(居場所を考える 2)
  • 総括

【学生へのメッセージ】
自分自身と情報化の係わりをもう一度見直してみましょう。情報化のインパクトは案外大きいと思います。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名 ・「場所」論−ウェブのリアリズム、地域のロマンチシズム(丸田 一/NTT出版/¥2,940/ISBN=978-4-7571-0249-1)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:社会と経済」に該当します。
【履修制限】面接授業「現代「場所」論」の単位を修得済みの方は登録できません。

専門科目:社会と産業|信用リスクと保険

科目区分
2010年04月17日(土) 第2時限


11:40〜13:05
専門科目:社会と産業 2010年04月24日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年05月01日(土) 第2時限 11:40〜13:05
2276496 2010年05月08日(土) 第2時限 11:40〜13:05
開設学習センター 2010年05月22日(土) 第2時限 11:40〜13:05
東京文京学習センター 2010年05月29日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年06月05日(土) 第2時限 11:40〜13:05
信用リスクと保険 2010年06月12日(土) 第2時限 11:40〜13:05
担当講師 授業概要
草苅 耕造
(東京家庭裁判所・家事調停委員)

【シラバス】
 皆さんは信用リスクという言葉で何を連想されますか?
 現代社会は、多くのリスクにさらされていますが、その中でも信用リスクで溢れているといえます。この信用リスクを皆さんと共に検討してみましょう。
 更に、この信用リスクに対する保証制度や保険制度の現状を考察し、我国だけでも1200兆円を超える信用リスクのリスク転嫁における損害保険事業の役割を再検討してみたいと思います。
 この過程で、未曾有の金融危機を経験した世界経済の再発防止策が検討できれば大成功です。

【授業テーマ】

  • 第1回 保険制度の概要(保険制度の本質、歴史)
  • 第2回 保険事業の概要(公保険、私保険、保険事業の種類)
  • 第3回 信用リスク(信用リスクの定義、種類、特徴)
  • 第4回 信用リスクを担保する諸制度(保証制度、保険制度)
  • 第5回 保険制度の内容1(公的保険、生命保険、信用保険)
  • 第6回 保険制度の内容2(保証保険、保証証券業務)
  • 第7回 保証・保険制度の主体(国、公的機関、銀行、保険会社)
  • 第8回 損害保険会社の課題(審査体制、事務体制、損害体制、今後の課題)

【学生へのメッセージ】
 世界不況の中で信用リスクの転嫁の重要性が格段に認識されました。しかし、その転嫁方法は余り知られていません。
 種々の信用リスクに直面する皆さんに、最先端の知識を紹介したい。初心者にも分かるように講義するつもりです。

【受講者が当日用意するもの】
ノート、筆記用具、ポケット六法

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名 ・保険学雑誌第605号(草苅 耕造/日本保険学会/¥1,500/ISBN=0387-2939)
日本保険学会(03−5220−8523)に購入を依頼して下さい。
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:社会と経済」に該当します。
 

専門科目:社会と産業|暮らしの中の証券市場

科目区分
2010年06月05日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:社会と産業 2010年06月05日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年06月05日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276500 2010年06月05日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年06月19日(土) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年06月19日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年06月19日(土) 第3時限 14:10〜15:35
暮らしの中の証券市場 2010年06月19日(土) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
石森 久雄
(NPO法人「投資と学習を普及・推進する会」証券カウンセラー)
小糠 真
(NPO法人「投資と学習を普及・推進する会」証券カウンセラー)
山田 敏次
(NPO法人「投資と学習を普及・推進する会」証券カウンセラー)

【シラバス】
 貯蓄から投資の流れの中で証券市場を取り巻く環境は大きく変わり、その意義は重要性を増しています。また、金融機関の提供する金融商品やサービスも多様化してきており、これからは効率よく商品等を探して選ぶ「眼」が必要になってきています。
 本授業では、証券市場が私たちの生活にどのように関わっているのか、証券市場の役割から自己責任時代の金融商品選択について,最近の債券、株式、投資信託を中心に学びます。

【授業テーマ】

  • 第1回 債券 ( 小糠先生)
  • 第2回 株式市場の仕組み 機弊仗浩萓検
  • 第3回 株式市場の仕組み 供弊仗浩萓検
  • 第4回 投資信託 (山田先生)

【受講者が当日用意するもの】
筆記用具

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N ・株式投資の基礎知識(日本証券業協会編/*********/¥0/ISBN=********)
当日無料配布

・わかりやすい投資信託ガイド(投資信託協会編/******/¥0/ISBN=******)
当日無料配布
定員 参考書
42名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:社会と経済」に該当します。
小糠(1〜2コマ)石森(3〜6コマ)山田(7〜8コマ)

専門科目:社会と産業|憲法問題ア・ラ・カ・ル・ト

科目区分
2010年06月12日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:社会と産業 2010年06月12日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年06月12日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276518 2010年06月12日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年06月13日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年06月13日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年06月13日(日) 第3時限 14:10〜15:35
憲法問題ア・ラ・カ・ル・ト 2010年06月13日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
関根 照彦
(明治学院大学非常勤講師)

【シラバス】
 日本や外国で現在話題になっている憲法に係わる現代的問題のいくつかを採り上げ、解説することを目的とする。今回は特に、憲法改正に関する問題と、(日本で紹介されることの少ない)外国の国民投票における興味深い話題を採り上げ、講義を行う。受講者や他の状況を考慮して、可能であれば、ディスカションの時間を設定することも考えている。

【授業テーマ】

  • 第1回〜第4回:憲法改正の方法および現代的憲法の内容
  • 第5回〜第8回:国民投票における、いくつかの最近の話題

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N 教科書は使用しない
定員 参考書
25名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:社会と経済」に該当します。
 

専門科目:社会と産業|労働と余暇

科目区分
2010年06月12日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:社会と産業 2010年06月12日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年06月12日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276526 2010年06月12日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年06月13日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年06月13日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年06月13日(日) 第3時限 14:10〜15:35
労働と余暇 2010年06月13日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
岡本 英雄
(上智大学教授)

【シラバス】
労働と余暇について社会学の立場から考察を加える。先進国では労働時間の短縮がみられるのに日本は例外的に労働時間が長い。また、生きがいに関連して仕事を挙げるものが日本では多い。その背景には働き方、余暇の過ごし方、労働観・余暇観の問題がある。そこで、日本と諸外国とを比較したり、時代的な変化をたどりながら労働と余暇の問題を考えていく。

【授業テーマ】

  • 第1回 労働と余暇に関する基礎概念
  • 第2回 前近代における労働と余暇
  • 第3回 近代社会における労働と余暇
  • 第4回 現代における労働と余暇
  • 第5回 欧米における労働と余暇
  • 第6回 日本の労働と余暇の特徴 長時間労働
  • 第7回 日本の労働と余暇 ジェンダー・世代格差
  • 第8回 これからの労働と余暇 ボランティア活動の可能性

【学生へのメッセージ】
社会学は、個人が経験する出来事が大きな社会のあり方とどのようにつながっているかを考えます。自分の労働や余暇のあり方を社会の中に位置づけてみることに関心がある方々が集まってくれることを期待しています。

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N 教科書は使用しない
定員 参考書
42名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:社会と経済」に該当します。
 

専門科目:社会と産業|メディア・リテラシーの一側面

科目区分
2010年06月12日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:社会と産業 2010年06月12日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年06月12日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276534 2010年06月12日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年06月13日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年06月13日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年06月13日(日) 第3時限 14:10〜15:35
メディア・リテラシーの一側面 2010年06月13日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
石川 旺
(上智大学新聞学科特別契約教授)

【シラバス】
 メディア・リテラシーの能力は今日の社会生活において極めて重要である。市民がその能力を涵養するためには日常的に接するメディアそのものに対する理解を深める必要がある。本授業は、日本のジャーナリズムを歴史的な観点から検討し、現在の日本のメディアが持つ基本的な性格・特質を把握すると共に、放送ジャーナリズムの今日における影響力の増大を問題として捉え、多角的に検討する。

【授業テーマ】

  • メディア・リテラシーの考え方-歴史的な知識の必要
  • 1945年以後の日本のジャーナリズムの特質
  • 放送ジャーナリズムの成長とニュースの娯楽化
  • 放送ジャーナリズムの影響力の増大―映像のインパクト
  • ジャーナリズムの本来機能―公正中立とは、公共性とは
  • 世論とジャーナリズム―メディアの世論主導とパロティング
  • 選挙と放送ジャーナリズム―パフォーマンスvs論評・解説
  • 市民のためのジャーナリズムとリテラシー

【学生へのメッセージ】
それぞれの日常体験としてのメディア接触を素材とし、そこから新たな見方、捉え方を展開してもらえればと考えている。

成績評価の方法
成績評価は授業中の討論参加および、数回課される授業へのリアクション・ペーパーにより、行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名 ・パロティングが招く危機(石川 旺/リベルタ出版/¥1,890/ISBN=978-4947637895)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:社会と経済」に該当します。
 

専門科目:社会と産業|表計算によるビジネス統計入門

科目区分
2010年06月19日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:社会と産業 2010年06月19日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年06月19日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276542 2010年06月19日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年06月20日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年06月20日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年06月20日(日) 第3時限 14:10〜15:35
表計算によるビジネス統計入門 2010年06月20日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
日下部 貢一
(明海大学非常勤講師)

【シラバス】
 ビジネスを効率的に運営するには、統計的分析が不可欠です。統計処理は大量の計算を必要としますが、表計算ソフトを使えば面倒な計算から開放され、結果の分析に集中することができます。この講義は、初歩的な統計分析を表計算で行う手法を実習し、統計分析になじみをもってもらうことを目的とします。
 受講上の注意:パソコンの基本操作と表計算ソフトExcelが使えること、および高等学校初年級程度の代数計算の数学知識が必要です。

【授業テーマ】

  • 表計算のウォームアップとグラフの作り方
  • 度数分布表と基礎統計量
  • 時系列データ解析、相関係数
  • 回帰分析
  • 連続型理論分布(正規分布、カイ2乗分布、t分布、F分布)
  • 推定と検定
  • 分散分析
  • 確認テスト(筆記試験)

【学生へのメッセージ】
シラバスの「受講上の注意」に記載している受講条件を必ず守ってください。統計分析にあまりなじみのない方向きの授業です。受講後ぜひ現実のデータを用いて分析してみてください。統計分析は難しい数学の修得よりも、実際にやってみるという経験が何より大切です。

【受講者が当日用意するもの】
電卓(必携)

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、試験の評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
18名 ・Excelでやさしく学ぶ統計解析 第2版(室淳子・石村貞夫/東京図書/¥2,100/ISBN=978-4489006784)

・経営統計学 −EXCELによるデータ分析−(平尾 秀夫/税務経理協会/¥3,150/ISBN=978-4419038281)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:産業と技術」に該当します。
パソコンの基本操作と表計算ソフトExcelが使えること、および高等学校初年級程度の代数計算の数学知識が必要です。

専門科目:社会と産業|経営学−経営者の役割と将来−

科目区分
2010年06月26日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:社会と産業 2010年06月26日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年06月26日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2275201 2010年06月26日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年06月27日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年06月27日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年06月27日(日) 第3時限 14:10〜15:35
経営学−経営者の役割と将来− 2010年06月27日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
山口 裕之
(東洋大学教授)

【シラバス】
経営学の基本原理を理解し、現代企業の経営行動を考える。とくに、経営者の役割とその将来に関連づけながら進めたい。具体的には、〃弍蝶悗寮言と原理、企業の本質と会社形態、2饉劼寮長、し弍勅圓量魍筺↓シ弍弔了業戦略、Ψ弍弔料反ァ↓Х弍弔亮匆馘責任(地球環境問題、経営倫理など)、日本的経営と経営文化といった諸問題を採り上げて、一緒に考えてみたい。適時、資料を提示するので、各自が主体的に理解を深めてほしい。

【授業テーマ】

  • 第1回 経営学の生成と原理
  • 第2回 企業の本質と会社形態
  • 第3回 企業の成長
  • 第4回 経営者の役割
  • 第5回 経営の戦略
  • 第6回 経営の組織
  • 第7回 経営の社会的責任(地球環境問題、経営倫理など)
  • 第8回 日本的経営と経営文化

【学生へのメッセージ】
本講義では、経営学を初めて学ぶ方にも理解できるように配慮して授業を進める。経営、経営者、企業といった言葉を多少なりとも専門的な意味で理解し、説明できるように一緒に学びましょう。

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:社会と経済」に該当します。
【履修制限】面接授業「経営学」の単位を修得済みの方は登録できません。

専門科目:社会と産業|ビジネスと知的財産

科目区分
2010年06月26日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:社会と産業 2010年06月26日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年06月26日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276550 2010年06月26日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年06月27日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年06月27日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年06月27日(日) 第3時限 14:10〜15:35
ビジネスと知的財産 2010年06月27日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
青 志津男
(ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社 取締役)
中村 正之
(大日本印刷株式会社)

【シラバス】
 近年、技術の発明あるいはデザインやロゴマーク、商品ネーミング等、人間の知恵によって生まれた「知的財産」を活かして企業競争力を強化したり、文化の進展を図ったりするようになりました。
 そこで、本科目では、ビジネスにおいて知的財産(権)がどのような役割を果たしているか、特に事業戦略と知財マネジメントの関係を学びます。
 ただし、本科目は技術基盤型ビジネスと、特許、意匠、商標等との関わりに焦点を合わせます。「コンテンツビジネス」には触れませんので、ご承知ください。

【授業テーマ】

  • 1.ビジネスにおける知的財産マネジメント
  • 2.ビジネスの競争力を高める技術力と特許(1)
  • 3.ビジネスの競争力を高める技術力と特許(2)
  • 4.ビジネスの競争力を高めるための標準化戦略
  • 5.イノベーション時代のビジネス戦略と知的財産
  • 6.イノベーション時代の「三位一体」経営
  • 7.ビジネスの競争力を高めるブランド力と商標・意匠
  • 8.ビジネスモデルと知財マネジメント

【学生へのメッセージ】
本面接授業は、「教わったことを覚える」だけの授業ではありません。講師の提供する多様な知識や事例を基に「身の回りの事例に置き換えて理解し、その先を自ら考える」ようにしていただきたいと考えています。それによって、多くの気づきと学びが得られるでしょう。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、試験の評点により行います。
クラス 教科書
N ・社会と知的財産(妹尾堅一郎・生越由美/放送大学教育振興会/¥2,940/ISBN=978-4595308390)
定員 参考書
42名 ・技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか(妹尾 堅一郎/ダイヤモンド社/¥2,520/ISBN=978-4478009260)

・知財マネジメント入門(日経文庫)(米山 茂美、渡部 俊也/日本経済新聞社/¥945/ISBN=9784532110420)

・知財革命(角川oneテーマ21新書)(荒井 寿光/角川グループパブリッシング/¥720/ISBN=978-4047100565)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:産業と技術」に該当します。
・本面接授業は、知的財産やビジネスの専門的な知識を持たない初学者も対象となります。
・青 志津男 (1〜2コマ、5〜6コマ担当)中村 正之 (3〜4コマ、7〜8コマ担当)
【履修制限】面接授業「知的財産とビジネス」の単位を修得済みの方は登録できません。

専門科目:社会と産業|通信制度と社会の変遷

科目区分
2010年07月03日(土) 第3時限


14:10〜15:35
専門科目:社会と産業 2010年07月03日(土) 第4時限 15:50〜17:15
科目コード 2010年07月10日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276569 2010年07月10日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年07月17日(土) 第3時限 14:10〜15:35
東京文京学習センター 2010年07月17日(土) 第4時限 15:50〜17:15
科目名 2010年07月18日(日) 第3時限 14:10〜15:35
通信制度と社会の変遷 2010年07月18日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
來生 新
(放送大学教授)

【シラバス】
 江戸時代以降の日本の近代化の過程で、郵便、電信、電話、ラジオ、テレビ、電話網利用のコンピューター通信と、さまざまな通信制度が利用されてきた。本講義はこのような諸制度の導入を法制度の面からみると同時に、このような制度が社会をどのように変えたのかを歴史的に検討する。
 換言すれば、日本の江戸時代以降、今日に至るまでの近・現代史を、通信制度の変遷という視点で見ることがこの講義のねらいである。

【授業テーマ】

  • 第1回 はじめに 社会発展と日本の近代化
  • 第2回 飛脚から郵便へ
  • 第3回 電信(有線と無線)
  • 第4回 電話
  • 第5回 郵便・電信・電話の競争
  • 第6回 第2次大戦後の通信の制度改革
  • 第7回 コンピューター・コミュニケーション
  • 第8回 規制緩和と郵便制度、電気通信事業

【学生へのメッセージ】
 この講義は、來生が横浜国立大学で途上国からの留学生に対して英語で行った講義を日本語にして行うものである。学生諸君には社会の変遷の原動力ともいうべき通信手段の果たす役割と法制度との関係、政府と市場の関係を、歴史的に見る目を養ってほしい。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:社会と経済」に該当します。
 

専門科目:社会と産業|CSRと危機管理

科目区分
2010年07月10日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:社会と産業 2010年07月10日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年07月10日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276577 2010年07月10日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年07月11日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年07月11日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年07月11日(日) 第3時限 14:10〜15:35
CSRと危機管理 2010年07月11日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
齋藤 哲男
(立教大学大学院 教授)

【シラバス】
近年CSR(企業の社会的責任)が新しい経営の基軸として認識されつつある。社会的責任が果たせない企業は、その不誠実さゆえに社会から糾弾され、最悪の場合には市場からの撤退を余儀なくされる。本講座では、グローバル時代におけるCSRの基礎的事柄や世界の動向、さらには企業を取り巻く多様なステークホルダー(顧客、従業員、株主、コミュニティー、NPO・NGOなど)との関係を、危機管理の視点を交えながら、なぜ今CSRなのかを俯瞰する。

【授業テーマ】

  • 企業と社会
  • CSRの歴史
  • CSRとグローバリゼーション
  • CSRと国際基準
  • CSRと企業倫理・企業統治・内部統制
  • CSRと労働
  • CSRと国際平和・環境
  • CSRと企業市民活動(社会貢献活動)

【学生へのメッセージ】
CSR(企業の社会的責任)と危機管理の学習を通して、企業の目的、企業と社会のあるべき関係、企業で働くことの意味などについて、自分なりの考察を深めて貰いたい。

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:社会と経済」に該当します。
 

専門科目:社会と産業|地方自治−地域から現代を考える

科目区分
2010年08月04日(水) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:社会と産業 2010年08月04日(水) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年08月04日(水) 第3時限 14:10〜15:35
2276585 2010年08月04日(水) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年08月05日(木) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年08月05日(木) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年08月05日(木) 第3時限 14:10〜15:35
地方自治−地域から現代を考える 2010年08月05日(木) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
岡本 三彦
(東海大学准教授)

【シラバス】
 地方自治は、私たちの日常生活に密接に関係しています。行政面では、住民登録や戸籍、保育園や学校、ごみの収集・運搬や処理、上下水道など、さまざまに関係しています。一方、政治面では、私たちは地方自治の担い手として、地方議員や首長などの選挙権・被選挙権、さらに直接請求権も有しています。このような地方自治について、その歴史や制度の比較などを通じて考察するとともに、地方自治から現代社会のあり方についても検討したいと思います。

【授業テーマ】

  • (第1回) 地方自治とは何か
  • (第2回) 国と地方の関係
  • (第3回) 地方の立法機関
  • (第4回) 地方の執行機関
  • (第5回) 地方の行政機構
  • (第6回) 住民運動と住民参加
  • (第7回) 地方自治の歴史
  • (第8回) 地方自治の国際比較

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:社会と経済」に該当します。
 

専門科目:人間と文化|科学技術政策からみる日本

科目区分
2010年04月17日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:人間と文化 2010年04月24日(土) 第1時限 10:00〜11:25
科目コード 2010年05月08日(土) 第1時限 10:00〜11:25
2276593 2010年05月15日(土) 第1時限 10:00〜11:25
開設学習センター 2010年05月22日(土) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年05月29日(土) 第1時限 10:00〜11:25
科目名 2010年06月05日(土) 第1時限 10:00〜11:25
科学技術政策からみる日本 2010年06月12日(土) 第1時限 10:00〜11:25
担当講師 授業概要
治部 眞里
(科学技術振興機構 社会技術開発センターアソシエイトフェロー)

【シラバス】
 グローバル化が益々進む世界において、日本の科学技術政策は大きな転機を迎えている。これまでの日本の科学技術政策を振り返る。
 さらに、近年整備されつつある引用情報を含む文献データベースを活用することによって、論文と特許の内容の可視化分析、引用・被引用関係の分析を通じて、日本の科学者の業績を検証すると同時に、科学技術を通して、世界への貢献について考える。

【授業テーマ】

  • 科学と技術
  • 科学技術政策
  • 論文
  • 特許
  • サイエンスリンケージ

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 教科書は使用しない
定員 参考書
42名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:産業と技術」に該当します。
 

専門科目:人間と文化|バスクとヨーロッパの文化地理

科目区分
2010年04月23日(金) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:人間と文化 2010年05月07日(金) 第1時限 10:00〜11:25
科目コード 2010年05月14日(金) 第1時限 10:00〜11:25
2276607 2010年05月21日(金) 第1時限 10:00〜11:25
開設学習センター 2010年05月28日(金) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年06月04日(金) 第1時限 10:00〜11:25
科目名 2010年06月11日(金) 第1時限 10:00〜11:25
バスクとヨーロッパの文化地理 2010年06月18日(金) 第1時限 10:00〜11:25
担当講師 授業概要
石井 久生
(共立女子大学准教授)

【シラバス】
 スペインとフランスの国境に位置するバスク地方を,「ヨーロッパの文化地理」という視点から解説します。
 そもそも,グローバル化とボーダーレス化が進行するヨーロッパにおいて,バスク地方のようなローカルな地域が近年注目されるようになったのはどうしてなのでしょうか。その理由と背景にある現象について,ヨーロッパの文化地理とバスクのローカルな文化地理を相互に織り交ぜながら考察します。

【授業テーマ】

  • (第1回) イントロダクション: 「バスク地方」とは? 
  • (第2回) バスクはヨーロッパか? 「ヨーロッパ文化地域」概念の歴史
  • (第3回) ヨーロッパ農耕文明とバスク
  • (第4回) ヨーロッパの言語とバスク
  • (第5回) 「美食のバスク」をヨーロッパ農業地域に位置付ける
  • (第6回) バスク文化の再生とナショナリズム
  • (第7回) バスクにおける「都市の再生」とグローバル化
  • (第8回) 総括: なぜグローバル化のもとで国境地域が注目されるか

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:人間の探究 」に該当します。
 

専門科目:人間と文化|運命と偶然性と邂逅(出会い)

科目区分
2010年04月24日(土) 第4時限


15:50〜17:15
専門科目:人間と文化 2010年05月08日(土) 第3時限 14:10〜15:35
科目コード 2010年05月08日(土) 第4時限 15:50〜17:15
2276623 2010年05月22日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年06月05日(土) 第4時限 15:50〜17:15
東京文京学習センター 2010年06月19日(土) 第4時限 15:50〜17:15
科目名 2010年07月03日(土) 第4時限 15:50〜17:15
運命と偶然性と邂逅(出会い) 2010年07月17日(土) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
米澤 克夫
(聖心女子大学文学部教授)

【シラバス】
 主に、九鬼周造、ショーペンハウアー、ユング、ゲーテという四人の哲学者、心理学者、文学者の主要な著作や小説の一部を中心に見ながら、人生における運命、偶然性、出会い(邂逅)、愛の意味などについて、学問の垣根を越えて学際的に考えようという講義です。

【授業テーマ】

  • 「セレンディピティ」「運命的出会い(邂逅)」
  • 「必然性」「偶然性」
  • 「運命論」「自由意思」
  • 「オプティミズム」「ペシミズム」
  • 「愛の形而上学」「エロス」「アガペー」「ピリア」
  • 「単なる偶然の一致」「意味のある偶然の一致(共時性)」
  • 「小説『親和力』(ゲーテ)」「選択的親和性」

【学生へのメッセージ】
基本的に思想的問題に関心を持ちながらも、学問の枠を越えて本講義のテーマを真摯に考えてみたい人を歓迎します。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名 ・偶然を生きる思想(NHKbooks)(野内良三/日本放送協会/¥1,019/ISBN=978-4140911181)

・偶然性と運命(岩波新書)(木田 元/岩波書店/¥714/ISBN=978-4004307242)
現在入手困難だが、大抵の図書館で見ることが可能。
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:人間の探究 」に該当します。
 

専門科目:人間と文化|古代ギリシア史

科目区分
2010年04月24日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:人間と文化 2010年04月24日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年04月24日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276631 2010年04月24日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年04月25日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年04月25日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年04月25日(日) 第3時限 14:10〜15:35
古代ギリシア史 2010年04月25日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
小田 洋
(鹿児島大学名誉教授)

【シラバス】
古代ギリシアのミケーネ時代から暗黒期をへて、古拙期、さらにペルシア戦争の時代後のギリシアの盛時古典期の繁栄の時代を、これまでの研究史に配慮しながら概略的に講義する。ミケーネ時代。暗黒時代。大殖民。古拙期の政治と軍事と経済。スパルタとアテナイ。その他の国家。ペルシア戦争。デロス同盟。ペリクレスの時代。ペロポネソス戦争。ペロポネソス戦争後の問題。アンタルキダス和約。370年代から350年代へ。マケドニア王国の台頭とフィリッポス2世。マケドニアへの対抗。

【授業テーマ】

  • 第一回)古代ギリシアを現代日本人が考えることの意味。ミケーネ時代。
  • 第二回)暗黒時代。大殖民。
  • 第三回)古拙期。ポリスの成立、発展。
  • 第四回)ペルシアの台頭と6世紀後半の時代のギリシア。
  • 第五回)ペルシア戦争とデロス同盟。
  • 第六回)ペリクレス時代とペロポネソス戦争。
  • 第七回)ペロポネソス戦争後のギリシア世界。アンタルキダス和約。テーベの台頭。
  • 第八回)マケドニアの台頭とそれへの対抗。アテナイの社会の動き。

【学生へのメッセージ】
現代日本人がいかに古代ギリシアと結びついているか・恩恵を受けているかを理解する。古代ギリシア史の流れを政治、経済、社会、文化、芸術、宗教などの点から理解する。文明論的観点から古代ギリシアを位置づける。古代ギリシア語の基本用語を理解する。

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名 ・西洋古代史料集(古山正人他編訳/東京大学出版会/¥2,730/ISBN=978-4-13-022018-7)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:人間の探究 」に該当します。
 

専門科目:人間と文化|現代スイスの文化と社会

科目区分
2010年05月08日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:人間と文化 2010年05月08日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年05月08日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276640 2010年05月08日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年05月09日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年05月09日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年05月09日(日) 第3時限 14:10〜15:35
現代スイスの文化と社会 2010年05月09日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
踊 共二
(武蔵大学教授)

【シラバス】
 スイスは人口750万の小国ですが、その雄大な自然(観光資源)の魅力によって、また先進的な化学工業、製薬業、時計産業、酪農・加工食品産業によって、そして独特の中立政策によって、さらに4つの言語集団の共存ゆえに、世界各国の市民や政治家、法律家や企業家たちに注目されてきました。この授業では、スイス成立の歴史を概観したうえで、この国に生きる人たちの文化と社会について紹介します。

【授業テーマ】

  • (第1回)導入:日本人とスイス/スイスの誕生と成長
  • (第2回)4つの国語:共存のメカニズム
  • (第3回)民主政治のなりたち:住民投票と青空議会
  • (第4回)永世中立と民兵制:国連およびEUとの関係
  • (第5回)スイス・ブランド:粉と水とチョコレート
  • (第6回)工業の国スイス:機械と時計
  • (第7回)観光の国スイス:世界遺産を中心に
  • (第8回)多文化共存の新しい課題/まとめ

【学生へのメッセージ】
授業時間が限られていますので、より多くの情報を提供するために教科書を使います。事前に読んでおくことをお勧めします。

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N ・ヨーロッパ読本:スイス(森田安一・踊共二/河出書房新社/¥2,100/ISBN=4309619037)
各自、授業日までに書店で購入してください。
定員 参考書
42名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:人間の探究 」に該当します。
 

専門科目:人間と文化|啓蒙の世紀から見た世界

科目区分
2010年05月08日(土) 第3時限


14:10〜15:35
専門科目:人間と文化 2010年05月08日(土) 第4時限 15:50〜17:15
科目コード 2010年05月15日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276658 2010年05月15日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年05月22日(土) 第3時限 14:10〜15:35
東京文京学習センター 2010年05月22日(土) 第4時限 15:50〜17:15
科目名 2010年05月29日(土) 第3時限 14:10〜15:35
啓蒙の世紀から見た世界 2010年05月29日(土) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
鳴子 博子
(中央大学法学部兼任講師)
土屋 彰久
(早稲田大学社会科学部非常勤講師)

【シラバス】
 『ペルシア人の手紙』『カンディード』『ブーガンヴィル航海記補遺』『エミールとソフィ』...これらはモンテスキュー、ヴォルテール、ディドロ、ルソーの手になる作品で、当時の学問水準に制約された側面はありますが、例えば、非ヨーロッパ人がヨーロッパを批判的な眼差しで批評する体裁をとった書簡体小説であったり、ヨーロッパ人が地の果てまで探訪するスリリングな冒険譚であったりします。
 絶対王政末期の18世紀フランスで、社会や人間のあり方を批判し、ありうべき社会や人間を模索した彼らは、どのように世界とフランスを見たのでしょうか。この授業は、これらの作品を中心に紹介しつつ、彼らの生きた時代を知ることはもちろんですが、それに留まらず、私たちの時代を考える手がかりも得たいというかなり欲張りな試みです。

【授業テーマ】

  • (第1回)イントロダクション:啓蒙の世紀フランス
  • (第2回)モンテスキューから見た世界
  • (第3回)モンテスキューから見た世界
  • (第4回)ヴォルテールから見た世界
  • (第5回)ディドロから見た世界
  • (第6回)ルソーから見た世界
  • (第7回)ルソーから見た世界・まとめ
  • (第8回)試験

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、試験の評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名 ・ルソーにおける正義と歴史(鳴子 博子/中央大学出版部/¥3,675/ISBN=978-4805711231)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:人間の探究 」に該当します。
第1回〜第6回:鳴子 第7回・第8回:土屋

専門科目:人間と文化|ヨーロッパ・ユダヤの歴史

科目区分
2010年05月13日(木) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:人間と文化 2010年05月13日(木) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年05月13日(木) 第3時限 14:10〜15:35
2276666 2010年05月13日(木) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年05月20日(木) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年05月20日(木) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年05月20日(木) 第3時限 14:10〜15:35
ヨーロッパ・ユダヤの歴史 2010年05月20日(木) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
増谷 英樹
(東京外国語大学名誉教授)

【シラバス】
ヨーロッパ時代のユダヤの歴史は、ローマ帝国の時代に始まり、ナチ時代のホロコーストによって終焉を迎える。その後はユダヤの人々はアメリカないしイスラエルへと移動してしまうからである。ヨーロッパ・ユダヤの歴史に終止符を打ったホロコーストはなぜ起こったのか。直接の下手人はもちろんナチ党とそれに従った人々ではあるが、なぜこれほどまでの大虐殺が可能になったのだろうか。その根源をたどり、ヨーロッパのユダヤの長い歴史をたどってみることが本講の目的となる。しかし、そのことにより同時に、我々の近代的進歩的なヨーロッパ像も修正をせまられることになるであろう。

【授業テーマ】

  • はじまりのユダヤ
  • 十字軍とユダヤの虐殺
  • 民衆的反ユダヤ主義と追放
  • 東方ユダヤと啓蒙ユダヤ
  • フランス革命とユダヤの解放
  • 人種主義的反ユダヤ主義
  • シオニズムの成立
  • ナチの反ユダヤ主義政策

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:人間の探究 」に該当します。
 

専門科目:人間と文化|ヨーロッパ近世と宗教改革

科目区分
2010年05月19日(水) 第3時限


14:10〜15:35
専門科目:人間と文化 2010年05月19日(水) 第4時限 15:50〜17:15
科目コード 2010年05月26日(水) 第3時限 14:10〜15:35
2276674 2010年05月26日(水) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年06月02日(水) 第3時限 14:10〜15:35
東京文京学習センター 2010年06月02日(水) 第4時限 15:50〜17:15
科目名 2010年06月09日(水) 第3時限 14:10〜15:35
ヨーロッパ近世と宗教改革 2010年06月09日(水) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
森田 安一
(放送大学客員教授)

【シラバス】
 中世ヨーロッパ社会は宗教改革運動によってその屋台骨を大きく揺るがされた。この運動の先鞭をつとめたのは、ドイツの改革を引き起こしたマルティン・ルターであったが、改革運動はドイツにとどまらず、スイス、フランス、イングランド、スコットランドなどヨーロッパ各地に展開した。
 宗教改革は単に宗教の改革にとどまらず、社会・政治・文化にも多大な影響を及ぼした.。こうして誕生した新しいヨーロッパ時代の幕開けについて略述したい。
 

【授業テーマ】

  • 宗教改革前夜のヨーロッパ社会
  • マルティン・ルターによる宗教改革(1)
  • マルティン・ルターによる宗教改革(2)
  • ウルリヒ・ツヴィングリによる宗教改革(1)
  • ウルリヒ・ツヴィングリによる宗教改革(2)
  • ジャン・カルヴァンによる宗教改革(1)
  • ジャン・カルヴァンによる宗教改革(2)
  • イングランドにおける宗教改革

【学生へのメッセージ】
高等学校レベルの世界史知識を前提にした講義をします。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名 ・キリスト教の歴史1(松本宣郎編/山川出版社/¥3,675/ISBN=978-4-634-43138-6)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:人間の探究 」に該当します。
 

専門科目:人間と文化|レポートの演習1−演劇を論じる

科目区分
2010年05月30日(日) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:人間と文化 2010年05月30日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年05月30日(日) 第3時限 14:10〜15:35
2276682 2010年05月30日(日) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年06月20日(日) 第2時限 11:40〜13:05
東京文京学習センター 2010年06月20日(日) 第3時限 14:10〜15:35
科目名 2010年07月11日(日) 第3時限 14:10〜15:35
レポートの演習1−演劇を論じる 2010年07月11日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
竹森 佳史
(淑徳大学非常勤講師)

【シラバス】
 芸術作品がどのような仕組・ダイナミズムによって成立し、その世界創出を可能にしているか、それを深く探究するためには、みずからの言葉で考え論として試みてみることが重要です。この授業は演劇を主題に取り上げ、皆さんのレポート執筆とその添削・指導のプロセスを組み込んだ実践的演習となります。演劇やさまざまの芸術・文化事象の理解を進めると共に、日本語の読み・書き・考える力を鍛えたいと考える学生のための授業です。

【授業テーマ】

  • 第1回 演劇を考え、論じるとはどのようなことか/日本語表記法の原則
  • 第2回〜第3回 レポートの課題となる舞台(記録映像)の鑑賞
  • 第4回 さまざまな視点と議論の可能性
  • 〔宿題 優譽檗璽箸虜鄒(10日以内に学習センターへ提出)
  • 第5回〜第6回 レポート,旅嵒召隼愼
  • 〔宿題◆優譽檗璽箸虜萄鄒・仕上げ(10日以内に学習センターへ提出)
  • 第7回〜第8回 レポート△旅嵒召箸泙箸瓠榛8紊粒惱への指針

【学生へのメッセージ】
受講者が演劇に詳しい学生である必要はありません。なお、この演習は日頃のレポートや論文執筆のためのスキル・アップに有効なものですが、芸術論や文化学の領域を前提としており、自然科学・社会科学など他分野における思考力・言語運用力の向上に資するかどうかは保証しません。受講者個々の姿勢しだいですので、よく検討の上受講されるように。

【受講者が当日用意するもの】
国語辞典(電子辞書含む)、通常の筆記具

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 教科書は使用しない
定員 参考書
30名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:人間の探究 」に該当します。
進行手順の詳細は第1回に指示します。授業態度が受け身の学生には不向きであり、単位を出しません。宿題のレポート執筆に熱意をもって取り組むことが参加の条件です。

専門科目:人間と文化|西洋古代の思想と現代の神話

科目区分
2010年06月02日(水) 第3時限


14:10〜15:35
専門科目:人間と文化 2010年06月02日(水) 第4時限 15:50〜17:15
科目コード 2010年06月23日(水) 第3時限 14:10〜15:35
2276690 2010年06月23日(水) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年06月30日(水) 第3時限 14:10〜15:35
東京文京学習センター 2010年06月30日(水) 第4時限 15:50〜17:15
科目名 2010年08月04日(水) 第3時限 14:10〜15:35
西洋古代の思想と現代の神話 2010年08月04日(水) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
土井 裕人
(筑波大学助教)

【シラバス】
 思想・哲学と神話と言えば、お互いに結びつかないようなイメージがあるかもしれない。しかし、西洋古代、とりわけギリシアにおいては両者の間にある種の連続性を見ることもでき、本講義ではこうしたテーマを軸にいくつかの事例を紹介していく。また、今日においても「現代の神話」とも言うべき作品があるが、それと西洋古代との関連についてもふれることとしたい。

【授業テーマ】

  • ソクラテス以前の哲学者
  • プラトン
  • C・S・ルイス

【学生へのメッセージ】
予備知識は特に必要ありませんが、柔軟な知的好奇心を期待します。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 教科書は使用しない
定員 参考書
42名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:人間の探究 」に該当します。
 

専門科目:人間と文化|現代と万葉の世界

科目区分
2010年06月05日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:人間と文化 2010年06月05日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年06月05日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276704 2010年06月05日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年06月06日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年06月06日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年06月06日(日) 第3時限 14:10〜15:35
現代と万葉の世界 2010年06月06日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
川井 博義
(筑波大学非常勤講師)

【シラバス】
現代のわれわれは日常の中で様々な問題に直面する。そのとき、何がどのように問題なのかは現時点でのわれわれの判断だけで明確になるであろうか。例えば、「家族」「自己と他者」「友達・仲間との関係」といった人間関係に伴う諸問題は、いつの時代にもある。事柄は、ものごとの見方・考え方によって意味が変わる。では、いにしえの人々はものごとをどのように捉えていたであろうか。授業では、そこから現代人の考え方を問い直すことを通じて、現代と過去との対話を試みる。

【授業テーマ】

  • 二度の翻訳―言葉と文化―
  • 「見る」ことと「知る」こと
  • 「知」の諸相
  • 「自然」に対する考え方
  • 「恋(こひ)」とは何か
  • 「在る」ということへのまなざし
  • 現代の諸問題の再考

【学生へのメッセージ】
『万葉集』を中心に扱うが、うたについては授業内で解説をするため、特に専門知識を必要としない。現代の身近な問題や言説に疑問を抱きながら考える人の受講を歓迎する。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
30名 ・日本人の知(伊藤 益/北樹出版/¥2,730/ISBN=978-4893845238)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:人間の探究 」に該当します。
 

専門科目:人間と文化|心と身体の人間学

科目区分
2010年06月26日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:人間と文化 2010年06月26日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年07月03日(土) 第1時限 10:00〜11:25
2276712 2010年07月03日(土) 第2時限 11:40〜13:05
開設学習センター 2010年07月10日(土) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年07月10日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年07月17日(土) 第1時限 10:00〜11:25
心と身体の人間学 2010年07月17日(土) 第2時限 11:40〜13:05
担当講師 授業概要
川本 隆
(東洋大学非常勤講師)

【シラバス】
 心と身体の関係はみなさんにとって自明でしょうか? 一見自明に見える事柄も、ひとたび哲学の門をくぐると深遠に見えてくることがあります。そうした哲学の知見をまじえながら具体的場面を想定し、多角的に心身の問題を考えるのがこの講座です。前半は、哲学の理論的なお話から、心身問題の奥深さを味わっていただきます。後半は、医療や異文化交流の現場で心身の問題が深くかかわっている様子を考察し、理解を深めてゆきます。

【授業テーマ】

  • (第1回)心身二元論の哲学:デカルト
  • (第2回)近代におけるデカルト的二元論の克服:ライプニッツ
  • (第3回)心は脳か?:現代における二元論の解消、ブンゲ
  • (第4〜5回)他者としての私の身体:がんとALSを例にして
  • (第6〜7回)差別と身体:エリオット先生の体験授業を例にして
  • (第8回)まとめ:われわれは二元論を超えているのか

【学生へのメッセージ】
本講義は、いろいろな角度から物事を考え、洞察力を高めたいと思っているかたにぜひ受講していただきたいと思います。授業の中に意見交換をする場も設けますので、積極的にご参加ください。

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名 ・境界線の哲学(川本隆・片山善博 編著/DTP出版/¥1,575/ISBN=486211119X)
一般の書店では扱っていませんが、アマゾンで入手可能です。
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:人間の探究 」に該当します。
 

専門科目:人間と文化|徒然草と日本文化

科目区分
2010年07月03日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:人間と文化 2010年07月03日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年07月03日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276720 2010年07月03日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年07月04日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年07月04日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年07月04日(日) 第3時限 14:10〜15:35
徒然草と日本文化 2010年07月04日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
島内 裕子
(放送大学 教授)

【シラバス】
徒然草は代表的な日本の古典であり、熱心に読み継がれてきました。文学者はもちろんのこと、思想家や美術家たちも、徒然草からさまざまの本質を引き出し続けてきました。そして、今や何種類もの外国語に翻訳され、世界文学の仲間入りを果たしています。独創的で特徴のある読み方をした先人たちに焦点を据え、徒然草という古典の文化的広がりを明らかにしたいと思います。ここから、現代を生きる私たちの徒然草の読み方が見えてくることでしょう。

【授業テーマ】

  • 序論……「徒然草文化圏」とは何か
  • 徒然草をどう読むか
  • 室町時代の徒然草の読者たち
  • 徒然草の注釈は、いつから始まったのか
  • 江戸時代の思想家たちと徒然草
  • 徒然草を描いた絵画
  • 世界文学としての徒然草
  • 結論……徒然草の達成

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名 ・徒然草をどう読むか(放送大学叢書)(島内 裕子/左右社/¥1,600/ISBN=978-4-903500-14-0)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:人間の探究 」に該当します。
 

専門科目:人間と文化|西洋音楽史1「中世の音楽」

科目区分
2010年07月03日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:人間と文化 2010年07月03日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年07月03日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276739 2010年07月03日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年07月04日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年07月04日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年07月04日(日) 第3時限 14:10〜15:35
西洋音楽史1「中世の音楽」 2010年07月04日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
佐々木 勉
(名古屋音楽大学准教授)

【シラバス】
 中世ヨーロッパ(6〜14世紀)の音楽の展開について論じます。グレゴリオ聖歌の成立、同聖歌とカトリック教会の典礼との関わり、オルガヌムやモテットといった同聖歌に基づく多声音楽の展開などが課題となります。こうした展開の中から、この時代に後のヨーロッパ音楽の基礎となる様々な要素が生まれてきます。また教会音楽ばかりでなく、トルバドゥールやトルヴェールによる世俗歌曲も扱う予定です。

【授業テーマ】

  • 西洋音楽史における中世
  • グレゴリオ聖歌とカトリック教会の典礼
  • グレゴリオ聖歌の平面的展開:トロープスなど
  • グレゴリオ聖歌の立体的展開:オルガヌム
  • 記譜法の発展:音高とリズムの表記
  • 世俗歌曲の展開
  • アルス・アンティカの音楽(13世紀後半)
  • アルス・ノヴァの音楽(14世紀)

【学生へのメッセージ】
音楽を人間の営みの一つとして理解するように心がけて下さい。なお、受講に当たって音楽の特別な知識は必要ありません。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、試験の評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:人間の探究 」に該当します。
 

専門科目:人間と文化|韓国語学総論

科目区分
2010年08月04日(水) 第2時限


11:40〜13:05
専門科目:人間と文化 2010年08月04日(水) 第3時限 14:10〜15:35
科目コード 2010年08月04日(水) 第4時限 15:50〜17:15
2276747 2010年08月04日(水) 第5時限 19:00〜20:25
開設学習センター 2010年08月05日(木) 第2時限 11:40〜13:05
東京文京学習センター 2010年08月05日(木) 第3時限 14:10〜15:35
科目名 2010年08月05日(木) 第4時限 15:50〜17:15
韓国語学総論 2010年08月05日(木) 第5時限 19:00〜20:25
担当講師 授業概要
孫 在賢
(徳成女子大学専任講師)

【シラバス】
韓国語はどんな言語か。文字、音韻、文法構造、敬語、歴史から方言まで、韓国語を言語学的に知る。

【授業テーマ】

  • 第1回 文字
  • 第2回 音韻
  • 第3回 単語と品詞
  • 第4回 文構造
  • 第5回 敬語法
  • 第6回 歴史
  • 第7回 系統
  • 第8回 方言

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N ・韓国語概説(梅田博之/大修館書店/¥2,940/ISBN=446921289X)
定員 参考書
30名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:人間の探究 」に該当します。
 

専門科目:人間と文化|唐王朝とシルクロード

科目区分
2010年08月05日(木) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:人間と文化 2010年08月05日(木) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年08月05日(木) 第3時限 14:10〜15:35
2276755 2010年08月05日(木) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年08月06日(金) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年08月06日(金) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年08月06日(金) 第3時限 14:10〜15:35
唐王朝とシルクロード 2010年08月06日(金) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
山下 将司
(日本女子大学准教授)

【シラバス】
 唐の時代の中国では、シルクロードの繁栄によって国際的な文化が花開き、古代国家形成期にあった朝鮮半島や日本列島にも大きな影響をもたらしました。それでは、なぜ7世紀から8世紀の中国に唐のような世界帝国的国家が出現したのでしょうか。本講義ではユーラシア全体の動きの中から唐王朝が出現した背景を探ります。舞台は中国のみならず、北アジアの遊牧世界や中央アジアのオアシス世界にも広がることになります。

【授業テーマ】

  • 第1回 唐と日本 ―唐代の歴史を学ぶ意義―
  • 第2回 唐代の国際文化
  • 第3回 唐の建国者たち(1)
  • 第4回 唐の建国者たち(2)
  • 第5回 唐と遊牧国家・突厥(1)
  • 第6回 唐と遊牧国家・突厥(2)
  • 第7回 隊商民ソグド人の活躍(1)
  • 第8回 隊商民ソグド人の活躍(2)

【学生へのメッセージ】
本講義は、「日本史」「世界史」という枠に限定されない「歴史を視る目」を養い、「東アジアの中の日本」というイメージを越えて「ユーラシア世界と日本」という方向に視野を広げることを目指します。

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:人間の探究 」に該当します。
 

専門科目:自然と環境|物理学とは何だろう

科目区分
2010年04月17日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:自然と環境 2010年04月17日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年04月24日(土) 第1時限 10:00〜11:25
2276763 2010年04月24日(土) 第2時限 11:40〜13:05
開設学習センター 2010年05月01日(土) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年05月01日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年05月08日(土) 第1時限 10:00〜11:25
物理学とは何だろう 2010年05月08日(土) 第2時限 11:40〜13:05
担当講師 授業概要
林 昌樹
(東京薬科大学名誉教授)

【シラバス】
 物理学はどのようにして形成されたか、自然の背景にある論理をどのように理解・認識してきたか、実験・観察がどのような役割を果たしてきたか、を解説する。主な内容は、(1)ガリレオやニュートンによる運動の法則の発見から、アインシュタインによる一般相対性理論の構築まで、(2)熱現象の物理の構築。エントロピーに基づき、開放系の熱力学(地球環境問題や「生命とはなにか」)についても言及する。
 講義では数式の使用はなるべく控え、文系の人たちの物理学への入門にもなりうるように心がける。毎回、アンケートにより理解の程度を確認しながら講義をする。

【授業テーマ】

  • (第1回)近代科学の黎明、ガリレオ=近代科学の父
  • (第2回〜第3回)ニュートンの力学〜解析力学
  • (第4回)相対性理論、量子論の誕生
  • (第5回〜第6回)近代熱力学の形成
  • (第7回)気体分子運動論、エントロピーの物理的意味と応用
  • (第8回)非平衡熱力学

成績評価の方法
成績評価は授業への出席状況を重視して行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
25名 ・物理学とは何だろうか(上)(岩波新書)(朝永 振一郎/岩波書店/¥819/ISBN=4-00-420085-7)

・物理学とは何だろうか(下)(岩波新書)(朝永 振一郎/岩波書店/¥819/ISBN=4-00-420086-5)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:自然の理解」に該当します。
【履修制限】面接授業「現代物理の話題(1)」の単位を修得済みの方は登録できません。

専門科目:自然と環境|宇宙の不思議を探る1

科目区分
2010年05月09日(日) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:自然と環境 2010年05月09日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年05月09日(日) 第3時限 14:10〜15:35
2276771 2010年05月09日(日) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年05月16日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年05月16日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年05月16日(日) 第3時限 14:10〜15:35
宇宙の不思議を探る1 2010年05月16日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
水谷 興平
(埼玉大学名誉教授/早稲田大学客員研究員)

【シラバス】
 物理学の目的は統一的な自然法則の探求である。自然を観察して、あるいは実験室で実験して多くの自然法則を学んできた。これらの法則も、まだ知られていない法則も、われわれの環境である宇宙に起因するはずである。もし、われわれが自然法則について十分な知識があれば、さまざまな手段によって観測されている宇宙の諸現象も、これらの自然法則によって理解できるはずである。この観点で宇宙の現象について論ずる。

【授業テーマ】

  • (第1回)Olbersのパラドックス
  • (第2回)遠い天体の距離
  • (第3回)遠い天体の後退速度の大きさ
  • (第4回)Hubble膨張
  • (第5回)今後の宇宙
  • (第6回)マイクロ波宇宙背景輻射
  • (第7回)ダークマター
  • (第8回)ダークエネルギー

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 教科書は使用しない
定員 参考書
42名
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:自然の理解」に該当します。
【履修制限】面接授業「宇宙の不思議を探る」の単位を修得済みの方は登録できません。

専門科目:自然と環境|4次元の多面体

科目区分
2010年05月09日(日) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:自然と環境 2010年05月09日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年05月09日(日) 第3時限 14:10〜15:35
2276780 2010年05月09日(日) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年05月16日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年05月16日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年05月16日(日) 第3時限 14:10〜15:35
4次元の多面体 2010年05月16日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
池田 和正
(東京工業大学講師)

【シラバス】
3次元空間内の正多面体は, 正四面体, 立方体, 正八面体, 正十二面体, 正二十面体の5つがあります. 古代ギリシャにおいては, 惑星が5つしか発見されていなかったので, これらが水星, 金星, 火星, 木星, 土星と対応し, 数学と宇宙の調和を表す神秘的現象と考えられていました.
4次元空間内の正多面体は6つあります. ところが, 5次元以上では3つしかありません. 4次元空間のみが豊富な対称性を持つことは現代の神秘です.
この授業では, 線や面でできた図形を題材として4次元に慣れていきます.

【授業テーマ】

  • 第1回 正多角形と外角の和
  • 第2回 直線・平面・超平面
  • 第3回 外積と三角形の面積
  • 第4回 行列式と四面体の体積
  • 第5回 正方形・立方体・超立方体
  • 第6回 正八面体と正十六胞体
  • 第7回 4次元の正多面体
  • 第8回 面角の和とオイラー数

【学生へのメッセージ】
極限などの超越的方法は用いず, できるだけ四則演算で事足りる, 範囲で
論じます. 立体図形を扱うので, 空間座標の扱いに慣れていると良いので
すが, 授業内で点の表し方など説明しますので, 心配しないで大丈夫です.

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名 ・理系への数学(松平 正義/現代数学社/¥900/ISBN=1344-1345)
上記雑誌に連載の「4次元の数学」が参考文献です.
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:自然の理解」に該当します。
 

専門科目:自然と環境|解析学、その考え方

科目区分
2010年05月29日(土) 第1時限


10:00〜11:25
専門科目:自然と環境 2010年05月29日(土) 第2時限 11:40〜13:05
科目コード 2010年05月29日(土) 第3時限 14:10〜15:35
2276798 2010年05月29日(土) 第4時限 15:50〜17:15
開設学習センター 2010年05月30日(日) 第1時限 10:00〜11:25
東京文京学習センター 2010年05月30日(日) 第2時限 11:40〜13:05
科目名 2010年05月30日(日) 第3時限 14:10〜15:35
解析学、その考え方 2010年05月30日(日) 第4時限 15:50〜17:15
担当講師 授業概要
渚 勝
(千葉大学教授)

【シラバス】
微積分の基礎事項を復習しながら解説する。基本的な事柄は微分によって増減を調べる、グラフの様子を把握することで、極大、極小などの応用があります。これを2変数にすると、急に考えにくくなりますが、うるさい議論は省略して感じをつかむ。また、テイラーの定理など厄介な命題と思われがちですが、近似的に関数の値を得るという、数値計算的な視点でみると、とても有用な命題です。細かな議論も必要ですが、歴史的に眺めてみても大胆な議論が展開されていて楽しい話題です。少々荒っぽくなるかもしれませんが計算を楽しむことによって興味を持っていただきたいと考えています。

【授業テーマ】

  • (第1回)極限と微分
  • (第2回)微分の計算と多項式
  • (第3回)指数関数、三角関数、逆三角関数
  • (第4回)テイラー展開
  • (第5回)解析関数、複素数の関数
  • (第6回)偏微分
  • (第7回)極大極小
  • (第8回)条件付き極値問題

【学生へのメッセージ】
高校で習う微積分の内容について何となく感じがつかめていることが望ましい。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
N 授業当日にプリントを配付する
定員 参考書
42名 ・解析入門(熊原啓作・河添健/放送大学教育振興会/¥2,835/ISBN=978-4-595-30861-1)

・標準微分積分(高木亮一・渚勝・東条晃次/裳華房/¥2,310/ISBN=978-4-7853-1532-0)
その他(特記事項)
この科目は旧専攻「専門科目:自然の理解」に該当します。
 

ページの先頭へ